レビュー

Chrome・Firefox・Safariを簡単に「ダークモード」にできる拡張機能「Dark Reader」を使ってみた


メニューや背景を黒やグレーを基調とした暗い色に変えることで、暗い場所でのブラウジングでの目の疲労を抑えたり、可読性を高めたり、バッテリー消費を抑制したりできる「ダークモード」は、YouTubeなどさまざまなサービスで取り入れられています。Google Chrome・Firefox・Safariの人気ブラウザに導入することで、簡単にブラウザをダークモードに切り替えられる拡張機能「Dark Reader」がリリースされています。

Dark Reader
https://darkreader.org/


◆Chrome拡張機能
まずは「Google Chrome」でDark Readerを使ってみます。Chromeで上記ページにアクセスして、「Chrome」アイコンをクリック。


ChromeウェブストアのDark Readerページが開くので、「Chromeに追加」をクリック。


ポップアップが現れるので、「拡張機能を追加」をクリック。


Dark Readerのヘルプページが表示され、ツールバーにDark Readerアイコンが表示されればインストールは完了。拡張機能をインストールした時点でダークモードはすでにONになっていました。


GIGAZINEのトップページを表示するとこんな感じ。黒が基調の落ち着いた色合いです。


記事を表示すると黒背景が目立ち、通常モードに比べると明るさはかなり抑えられています。


ツールバーの「Dark Readerアイコン」をクリックすると、設定画面が表示され、ダークモードをカスタマイズ可能です。


「ライト」をクリックすると、「ライトモード」に。ダークモードOFFの標準モードとは違い、明るめの色合いながらも、全体的に明るさは控えめになっていました。


左右のボタンをクリックすることで、「輝度」や「コントラスト」を細かく調整することも可能です。


「セピア」でセピア成分を足したり……


「グレースケール」で灰色成分を足したりできます。


また、「このサイトでのみ適用」をクリックして、表示されているサイトのみダークモードに変更することも可能。


右上の「オフ」をクリックすれば、ダークモードから標準モードに簡単に切り替えられます。


「サイトリスト」タブをクリックして、サイトURLを登録することで、拡張機能Dark Readerを必ず適用するサイトを「ホワイトリスト」に追加したり、反対に適用しないサイトを「ブラックリストに追加したりすることも可能です。


リスト下の「サイトを追加するためのホットキーを設定する」をクリックすると……


Chrome拡張機能のホットキー登録画面が開き、「設定画面の表示/非表示」「現在のサイトの切り替え」「フィルタの切り替え」「Dark Reader拡張機能のON/OFF」の操作にホットキー(ショートカットキー)を指定することが可能です。


「その他」タブでは、フォントやテキストストロークを変更したり……


各種「フィルタ」を変更したりできました。


◆Firefoxアドオン
Dark Readerは「Firefox」版も用意されています。Firefoxで利用するには、FirefoxでDark Reader公式ページを開き、「Firefox」アイコンをクリック。


Dark Readerのアドオンページが表示されるので、「Add to Firefox」をクリック。


ポップアップが表示されるので、「追加」をクリックすればOK。


Dark ReaderのFirefox版も、機能はChrome版とまったく同じ。アドオンのON/OFFでダークモードと標準モードを簡単に切り替えでき、細かな設定変更も可能でした。


◆Safari拡張機能
Dark ReaderはSafariにも対応しています。ということで、SafariでDark Reader公式ページにアクセスすると、エラーが出てページを表示できませんでした。


とはいえ、以下のDark ReaderのSafari拡張機能にアクセスすればインストールは可能です。なお、Safari版Dark Readerは4.99ドル(約560円)となっていました。

Dark Reader for Safari on the Mac App Store
https://itunes.apple.com/us/app/dark-reader-for-safari/id1438243180


ひとえに「ダークモード」と言っても明るさや色調などユーザーの好みはバラバラなものなので、ユーザー自身でダークモードのテイストを細かく調整できるパラメータがかなり豊富なDark Readerは、ブラウザでダークモード機能を使いたいユーザーにはかなり便利な拡張機能になっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホのUIを黒基調の「ダークモード」にするとバッテリー持ちが劇的に改善されることをGoogleは理解している - GIGAZINE

「macOS Mojave」が発表、UIにダークモードが登場しセキュリティ機能も強化、さらにiOSアプリ開発とのクロスプラットフォームも計画中 - GIGAZINE

YouTubeがデザインを大幅変更、新ロゴやダークモードの追加、モバイルアプリは縦長ムービーがより見やすく - GIGAZINE

送ったメールを相手が開封したタイミングで通知してくれるChrome拡張機能「Mailcastr」を使ってみた - GIGAZINE

Facebookのトラッキングを防止してユーザーデータを守るFirefoxアドオンが公式から登場 - GIGAZINE

ウェブページを読む速度が最大30%増加するブックマークレット「BeeLine Reader」 - GIGAZINE

無料で開いたタブのメモリ消費量が確認できるFirefoxアドオン「Tab Data (+Memory usage)」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   デザイン, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.