ソフトウェア

Google Chromeの新デザインをバージョン68以前に巻き戻す方法

by geralt

GoogleChromeは最新のバージョン69で大きくデザインを刷新し、Googleが提唱する「マテリアルデザイン」に準じた見た目に変化しました。このデザインを、バージョン68以前に巻き戻す方法を、Lifehackerが記しています。

How to Return to Chrome's Old Look—and Fix the Blurry Text on Windows
https://lifehacker.com/how-to-return-to-chromes-old-look-and-fix-the-blurry-te-1828828207

Chromeバージョン69がどのような機能を搭載しているのかの詳細は以下の記事から。

10周年を迎えたGoogle Chromeが見た目から新しくなったバージョン69安定版をリリース - GIGAZINE


バージョン69ではタブやアドレスバーの形が変化したほか、HTTPSで接続した場合に表示されていた「保護された通信」が消え、カギマークになりました。


しかし、Windows 7とWindows 10のユーザーは、バージョン69のアップデートで「文字がぼやけてみえる」という不具合を報告。Googleはこの件について調査を行っているとのこと。

880513 - Font rendering is broken, antialias messed up, blurry, weird - chromium - Monorail https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=880513


この「ぼやけ」はユーザーのPC環境によって違いがあり、全てがぼやけて見えるとしている人もいれば「ツールバーは問題ないけれどページのテキストはぼやける」と報告する人や、「ブラウザを最大化するとぼやける」と語る人も。特に、「125%以上に拡大するとぼやける」という主張が多く、ぼやけを直すには「画面の拡大縮小を100%に戻す」という方法が挙げられています。

このように、バージョンアップによって不具合が出たという人、あるいは単にデザインが気に入らないという人向けに、デザインをバージョン68以前のものに戻す方法が存在します。まず、アドレスバーに「chrome://flags」と入力します。


すると、こんな感じの設定ページに飛ぶので……


「UI Layout for the browser’s top chrome」の部分のプルダウンメニューを開きます。最初は「Default」になっていますが……


これを「Normal」に変えればOK。あとはChromeを再起動します。


すると、ブラウザのデザインがこんな感じに。アドレスバーやタブの形も、バージョン68以前のものになっていました。


ただし、全てがバージョン68以前に巻き戻っているわけではなく、「保護された通信」という表示は消えたままでした。「アドレスバーにワードを入れると検索せずとも直接結果が表示される」という機能はデザインを巻き戻しても依然使えますが、パスワードマネージャーの新機能は使えないとのことです。

・関連記事
ウェブブラウザの栄枯盛衰が一発でわかるグラフ - GIGAZINE

ウェブブラウザの「about:」機能はどのようにして誕生したのか? - GIGAZINE

Firefoxの歴史、各種ブラウザの歴史 - GIGAZINE

あなたの情報をブラウザがどれぐらい収集できてしまうのかを見せてくれる「webkay」 - GIGAZINE

世界中を巻き込んだブラウザ戦争と「ユーザーエージェント文字列」をめぐる複雑怪奇な変遷とは? - GIGAZINE

ウェブブラウザでのメディアファイル呼び出しに関する脆弱性「Wavethrough」が見つかる - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa