動画

ハン・ソロとランドのミレニアム・ファルコンを賭けたギャンブル対決を360度ぐるっと見られる映像公開


宇宙船ミレニアム・ファルコン号を賭けたハン・ソロとランド・カルリジアンとのギャンブル対決の360度ムービーがYouTubeで解禁となりました。360度映像は「STAR WARS DAY」イベントで日本初公開されたもので、一連のシーン自体は2018年6月29日(金)から公開される映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の中に出てきますが、映画館でも見られない特別仕様です。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」サバックスタント 360度動画 - YouTube


見られるのはハン・ソロとランドの「サバーク」対決。視点を何もいじらない場合はハン・ソロの目線で、ランドと向かい合った状態の映像です。


ぐるっと反対側を見てみると、「今日はきっと俺、ツイてる」と自らの強運を信じて、持ちコインをすべて賭けるソロ。


これでギャンブラーとして火がついたのか、ランドはミレニアム・ファルコンを賭けることに。


ソロとランドとの間には、他の人間型エイリアンや、腕組みをして戦いを見守るエイリアンの姿があります。


ニヤリと笑うソロ。戦いの結末は映画本編で確かめて下さい。


なお、日本語吹替版ではハン・ソロ役を「アメイジング・スパイダーマン」のピーター・パーカー役吹替や「KING OF PRISM」速水ヒロ役、「刀剣乱舞」山姥切国広役などで活躍する前野智昭さんが担当。


前野さんのコメントは以下の通り:
日本語版を担当させて頂けるのはとても光栄です。多くの方があのテーマ曲やダース・ベイダーなどのキャラクターの名前は一度は耳にした事があると思いますし、後世の作品に多大な影響を及ぼした、とてつもない大きなシリーズです。吹き替えを担当させて頂くにあたり、過去作を改めて拝見しましたが、やはり惹かれるものがたくさんありました。

このほか、ハン・ソロの幼なじみである謎の美女キーラを山根舞さん、ギャンブラーのランド・カルリジアンを綱島郷太郎さん、女性型ドロイドL3-37を浅野まゆみさん、ハン・ソロの師匠ベケットをふくまつ進紗さん、ギャングのドライデン・ヴォスを土田大さんが担当します。

・「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」情報
監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

・関連記事
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の監督や出演者へのインタビュームービーが公開中 - GIGAZINE

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」予告編公開でチューバッカが190歳であることが判明 - GIGAZINE

銀河一のパイロットを目指すハン・ソロとチューバッカのコンビ誕生も描かれる「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」特報映像公開 - GIGAZINE

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」初の映像公開となるスーパーボウル向け予告編 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logc_nt