ロシアの二重スパイ暗殺未遂事件で使われたサリンやVXよりも洗練された神経剤「Novichok(ノビチョク)」とは?


2018年3月4日にロシアの元諜報員でイギリスに亡命中のセルゲイ・スクリバリ氏とその娘が暗殺されそうになり、記事作成時点でも重体が続いています。イギリスのテリーザ・メイ首相は、暗殺未遂に使われたのが神経剤「Novichok(ノビチョク)」であるとを明らかにし、ロシア当局による暗殺未遂である可能性が極めて高いという声明を発表しました。ソ連が開発し、今なお暗殺ツールとして使われるノビチョクについて、BBCやSky Newsがまとめています。

Russian spy: What are Novichok agents and what do they do? - BBC News
http://www.bbc.com/news/world-europe-43377698

Novichok nerve agent: What exactly is it?
https://news.sky.com/story/salisbury-poison-was-russian-made-novichok-pm-confirms-11287491

◆スクリバリ氏暗殺未遂事件
スクリバリ氏はロシアの元情報将校で、イギリス情報部MI6に機密情報を漏洩した罪で2004年にロシアで有罪となりましたが、2010年にスパイ交換によって釈放され、その後イギリスで暮らしていました。

スクリバリ氏と娘のユリアさんは、2018年3月4日にイギリス・ソールズベリーにあるショッピングセンター外のベンチで倒れているところを、ニック・ベイリー刑事巡査部長によって発見されました。病院に運ばれた二人は重体の状態が続いており、ベイリー刑事巡査部長も重体で入院中です。


対テロ専門警察官やイギリス陸軍を導入して捜査にあたっていたイギリス政府は、事件から1週間以上たった2018年3月11日に、「二人が事件発生前に訪れたレストランから微量の神経剤が発見された」と発表し、同レストランを利用した約500人に対して衣類や所持品を洗うように呼びかけました。しかし、発表まで時間がかかったことや神経剤が何かを当局が明かさなかったため、不安の声が広がっていました。


事件のあらましについては以下の記事を見ればよくわかります。

【元ロシア・スパイ】 パブやレストランの客500人に所持品洗うよう英政府指示 - BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/43342769

そして、2018年3月12日にメイ首相が今回の二重スパイ暗殺未遂事件で使われたのが、ノビチョクだったことと、ロシア政府が関与した疑いが極めて濃いことを明らかにしました。


◆ノビチョクとは?
・ソ連による開発
ノビチョクは1970年代にソ連が開発した一連の神経剤で、第4世代の化学兵器として知られており、開発時のコードネームは「Foliant」だったとのこと。Novichokとはロシア語で「新人」を意味します。ノビチョク派生の化学物質は100種類以上が開発されたとみられています。


・毒性
「Novichok A-230」として知られる化学物質は、VXガスよりも毒性が5~8倍も高いことが報告されています。リーディング大学の薬学者グレイ・ステファン教授は、「ノビチョクはサリンやVXよりも危険かつ洗練された物質で、使用したことを同定するのが極めて難しい」と述べています。A-230はいくつかの種類が製造されており、そのうちの1つは化学兵器としてロシア軍による使用が確認されています。

・利用形態
ノビチョクには液体のものもあれば、固体のものもあるとのこと。そして、超微粒子として飛散させることさえ可能です。また、それぞれ毒性が低い化学物質として保管しておいて、攻撃時に混合させて活性有毒物質を生成する「バイナリー兵器」として取り扱えるという報告もあるそうです。生化学者のアンディ・オッペンハイマー氏は、「ノビチョクを合成する化学物質が、非常に少量かつ完全に遮蔽されていれば、検出を回避できる」と述べ、空港からイギリスへ持ち込まれた可能性を指摘しています。


・即効性
毒物の専門家によると、ノビチョクは強力な即効性を持っており、皮膚に触れただけでも効果を発揮するとのこと。症状が現れるのは30秒から2分という高い即効性が指摘されています。一方で、パウダー状のノビチョクは効果が出るまで時間がかかることもあり、全身に症状が広がるのが接触から18時間かかることもあるそうです。

・症状
ノビチョクは、神経系活性酵素のアセチルコリンエステラーゼを阻害するという、他の神経剤と同様の症状を引き起こすと考えられています。具体的な症状は、「瞳孔が狭まる」「けいれん」「下痢」「昏睡」「呼吸不全」「心拍低下」「気道が狭まることでの窒息」などで、当然、死につながり得ます。解毒剤としてはアトロピンが有効で、なるべく早い投与が望ましいとのこと。ただし、ノビチョクの中には標準的な解毒剤に抵抗するような特性を持つものもあるそうです。


万一、ノビチョクに曝された場合は、衣類はすべて脱ぎ捨て、石けんと水で皮膚のノビチョクを洗い落とすことが肝心だとのこと。また、パウダーとして飛散するノビチョクがあることから、目をゆすぐことも大切だそうです。

・関連記事
軍事用化学兵器が海へ投棄された場所がGoogleマップで分かる「CWMDS」 - GIGAZINE

ロシア軍がシリアに作った空軍基地が数機の武装無人機に襲われる - GIGAZINE

唐辛子のにおいが化学兵器テロと勘違いされてロンドンの町が大混乱 - GIGAZINE

ノーベル賞受賞者の研究の暗黒面 - GIGAZINE

テロ対策で政府が国民監視を強化しても安全につながらない理由を説明するムービー「Safe and Sorry」 - GIGAZINE

ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される - GIGAZINE

ビル・ゲイツが「新しい形のテロリズムがやってくる」と警告 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logv_to