男性は恋愛よりも男性同士の近しい関係「ブロマンス」に満足している

by Dimitar Belchev

性的な関わり抜きで2人あるいはそれ以上の男性同士が持つ親密な関係のことを「ブロマンス」と呼びます。イギリスにおいて異性愛者の男性30人を被験者として行われた研究では、女性とのロマンス関係よりも、男性の友人とのブロマンス関係の方が、より親密で満足度が高いということが示されました。

Privileging the BromanceMen and Masculinities - Stefan Robinson, Adam White, Eric Anderson, 2017
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1097184X17730386

Rise of the bromance is bad for women, could become ‘genuine lifestyle relationship’: study | National Post
http://nationalpost.com/health/rise-of-the-bromance-is-bad-for-women-could-become-genuine-lifestyle-relationship-study

Men Are More Satisfied By Bromances Than Their Relationships | Time.com
http://time.com/4978727/bromance-male-friendships/

Pals Before Gals: Young Men Prefer 'Bromance' to Romance
https://www.livescience.com/60674-pals-before-gals-young-men-prefer-bromance.html

20世紀には同性同士で親密な関係を持つことが問題視される時代もありましたが、エイブラハム・リンカーンは一緒に暮らしていた友人と数年間にわたって同じベッドで寝ていたといわれており、ブロマンス自体は新しい概念ではありません。しかし、近年になって、異性愛者の男性同士が親密な関係を持つというブロマンス関係は、より受け入れられやすくなってきたとのこと。同性愛が禁忌と見なされた時代には、同性愛者だと思われないよう男性たちは「過度に男性的に」振る舞いましたが、同性愛が受容されるようになってきた時代においてその必要はなく、男性同士が一緒に暮らして親密な関係を持つことで「伝統的な異性愛的関係の利益を全て経験できる」ようになっているとのこと。

by Redd Angelo

ベッドフォードシャー大学のAdam White氏らによる研究は、異性愛者を自認しながらも男性と親密な友人関係を持つ大学2年生の男性30人を対象にインタビューを行うという方法で行われました。調査の中で、インタビューが行われた男性のうち28人は、「個人的な事柄は交際中の相手ではなく近しい友人に話す」と答えたとのこと。インタビューに答えた男性の中には「ティムは僕がビヨンセテイラー・スウィフトを好きなことを知っているけれど、彼女に言うとジャッジされる気がして秘密にしている。彼女の前だともっと男らしく振る舞わなければいけない気がする」と答えた人もいたそうです。また、近しい男性の友人との方が衝突しても乗り越えるのが簡単で、健康上の問題や祖父が死んだ時などの感情も共有しやすいとのこと。

上記のようなインタビュー結果から、研究者は「彼らはブロマンスの関係を、感情的な親密さにおいて、異性愛的なロマンスよりも満足感のあるものと主張していた」と記しています。なお、被験者となった学生は全て白人で、スポーツに関連する学問を専攻していました。

White氏は「ロマンスとブロマンスの大きな違いは、会話におけるジャッジと境界線があるかないかです」「彼らが、自分の最も深く、暗く、繊細な秘密をブロマンスの関係にある人に話せるのは、話すことによって自分がジャッジされたりバカにされたりしないと感じているためです」と語りました。

「彼らが自分自身の感情を明かさないのは、若い男性における肉体・精神の状態が世の中で誇張されているためだと私たちは考えています」とWhite氏は述べており、今回の調査結果が、若い男性の健康において重要な示唆を含むと述べています。健康上の心配事を近しい男性と話すことは、問題を解決するのにも役立つためです。

by Herbert Dudichum

一方で、研究者らは、男性間の関係の進歩が異性愛的な関係にネガティブな影響を与える可能性についても記しています。ブロマンスの関係に重きを置き男性同士で暮らす選択をすることは、「男と女がロマンチックな関係を持つ」という伝統的な家族観への挑戦になる可能性があるためです。また、インタビューを受けた男性のうち何人かはガールフレンドに対して軽蔑的な言葉を使ったり、男性の友人に忠誠を誓う一方で、女性について自分たちとは違うものとして認識している場合もあったとのこと。

もちろん、今回の研究は一部の特定の人々を対象に行ったもので、一般的な男性においてブロマンスがどのような形で存在しているのかを知るためには、さらなる研究が必要です。

by Matheus Ferrero

・関連記事
「同性と裸でベッドに入る」行為が性的関係以外を意味した中世ヨーロッパの価値観とは? - GIGAZINE

見知らぬ人同士に裸で抱き合ってもらうと一体何が起こるのか?という実験ムービー - GIGAZINE

「ゲイの遺伝子」は存在するのか? - GIGAZINE

中世イギリスの独身男性の性事情はどんな感じだったのか? - GIGAZINE

あなたが友だちだと思っている人の半分はあなたを友だちだと思っていない - GIGAZINE

最速で「友だちを作る」ための科学的な方法 - GIGAZINE

「共感」によって人間関係をうまくいかせるという方法 - GIGAZINE

「共感」が物事や世界を悪化させる理由 - GIGAZINE

689

in メモ, Posted by logq_fa