試食

「アイスなのに辛口!?」をうたう「爽 ジンジャーエール味(辛口)」を食べてみた


ロッテのから生姜由来の辛味成分を加えた「アイスなのに辛口!?」をうたう「爽 ジンジャーエール味(辛口)」が登場しています。ジンジャーの香りが効いた大人の味わいが楽しめるアイスになっているとのことですが、本当に辛口なアイスになっているのか確かめて見るべく食べてみました。

アイスなのに辛口!?ロッテ『爽ジンジャーエール味(辛口)』2017年4月10日(月)全国で発売
(PDF)https://www.lotte.co.jp/info/news/pdf/20170316144527.pdf

爽|お口の恋人 ロッテ
https://www.lotte.co.jp/products/brand/soh/


そんなわけでさっそく「爽 ジンジャーエール味(辛口)」を購入してきました。


パッケージにはジンジャーエールが描かれており、茶色と金色の中間のような独特な色のパッケージです。


アイスクリームの種類は「氷菓」に分類されます。原材料は砂糖、水あめ、ラムネ菓子、異性化液糖、植物油脂、ジンジャーエキス/酸味料、安定剤、乳化剤、カラメル色素、香料。内容量は190mlです。


というわけで、さっそくフタをパカリ。ほんのりジンジャーエール色をした薄い茶色のアイスがお目見えします。


冷凍庫から出してすぐにスプーンを挿してみたのですが、スッとスプーンがアイスに入っていきました。


アイスは爽シリーズらしく微細氷をたっぷり含んだシャリッとした食感。ジンジャーエールをイメージした甘みとショウガの香り、それと微細氷のシャクッとした食感は相性がよく、全体的にさっぱりクセの少ないアイスになっています。ただし、パッケージにも「辛口」と書かれているのでウィルキンソン ジンジャエールのようなパンチの効いた辛口の味わいが楽しめるのかと思っていたのですが、どこまで食べてもショウガ由来の辛味を感じることはありませんでした。


アイスの断面を見ても微細氷がたっぷり含まれていることがよくわかります。


アイスの中にはラムネが含まれており、このラムネはジンジャーエールの甘さと香りを凝縮したような味わいになっているので、口の中に入るとジンジャーエール感がかなり増します。


なお、アイスは溶けるのが早かったので、最後の方は液体と固体の中間のようなアイスになっていました。


「爽 ジンジャーエール味(辛口)」は2017年4月10日(月)発売で、希望小売価格は税抜130円です。

・関連記事
ミスタードーナツ×祇園辻利の新ドーナツ「抹茶スイーツプレミアム」全6種を食べてみた - GIGAZINE

テントウムシやヒヨコのドーナツなどイースターっぽい「Good Luck! Easter」と温かいドーナツ+アイスの新ドーナツアイス2種をクリスピー・クリーム・ドーナツで食べてみました - GIGAZINE

メレンゲがもりもりの「エッグインクラウド」のパンケーキなど、Eggs ’n Things 梅田茶屋町店がオープンしたので店舗限定パンケーキを食べてきた - GIGAZINE

白玉やケーキなどのトッピングを自由に組み合わせて1万2000通り以上のオリジナルパフェが作れる「ことたま」に行ってきました - GIGAZINE

鯛やきの口からクリームがあふれ断末魔が聞こえてきそうな「鯛パフェ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logu_ii