メモ

センター試験に「君の名は。」「PPAP」をほうふつとさせる問題が登場


2017年1月14日、15日に実施される平成29年度のセンター試験では、1日目の「日本史A」に「妖怪ウォッチ」のキャラクターが登場したということで話題になりましたが、同日に行われた「英語」に映画「君の名は。」や新語・流行語大賞のトップテンに選出された「PPAP」をほうふつとさせる問題が登場しました。

センター試験2017|解答速報2017|予備校の東進
http://www.toshin.com/center/eigo_mondai_4.html

センター試験2017|解答速報2017|予備校の東進
http://www.toshin.com/center/eigo_mondai_5.html

英語第5問は、「Ahhhhhhhhhhh!」という登場人物のあくびから始まる長文問題。読んでみると「主人公が朝起きると体が猫と入れ替わっていた……」という話になっていて、映画「君の名は。」を想起させる問題でした。


Twitterでも同問題が「君の名は。」をほうふつとさせるということで話題になっている模様。


また、英語の第4問Bには新語・流行語大賞のトップテンに選出された「PPAP」を想起させる問題が登場しました。問題はビデオ制作コンテスト「IAYP」に関するウェブサイトを読んで設問に答えるというもの。


問題によれば「IAYP」は「The International Association of Young Producers」の略とのことです。


試験中に見てしまうと、思わず笑ってしまいそうになる問題でした。

・関連記事
2017年のセンター試験に「妖怪ウォッチ」が登場、一体どんな問題だったのか? - GIGAZINE

2014年のセンター試験の問題に「手塚治虫」が自身の漫画と一緒に登場 - GIGAZINE

まさかの「クソリプ」「パクツイ」がテーマに取り上げられた2015年センター試験国語はこんな感じ - GIGAZINE

センター試験廃止後に導入される「達成度テスト」の難易度が判明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log