メモ

無料で商用利用も可能なアラブの城・砦の資料写真300枚超が期間限定でダウンロード可能に


中東の絶対君主制国家・オマーンで40度超の炎天下のなか撮影されたという城と砦の300枚・400MB越えの写真を漫画素材工房が期間限定で無料公開しています。加工・トレース・商用利用なども可能になっています。

アラブの城、砦・フリー写真集 - 漫画素材工房-MANGA MATERIALS - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
https://t-material-shop.booth.pm/items/351669


画面右側の「¥0」という表記にある3つのボタンは、上からジブリーン城、ニズワフォート(砦1)、バハラフォート(砦2)の写真をダウンロードするためのもの。ファイルが重いために3つに分割されているとのこと。


写真はpixiv IDでログインした後であれば無料でゲット可能です。


ということで、ジブリーン城、ニズワフォート、バハラフォートの写真の一例は以下の通り。いずれもサイズは3264×1836となっています。なお、スマートフォンで撮影しているため、写真の中にはぼやけているものもありますが、資料用にそのまま入れてあるとのことです。

ジブリーン城の入り口はこんな感じ。


室内はドーム状の天井になっています。


屋上部分。


吹き抜けを見下ろすと以下のような感じ。


屋上からの風景。真ん中の人がいる部分から吹き抜けが見下ろせるようになっている様子。


別の室内。こちらは天井が木造になっています。


天井は時間を経て色あせていますが、かつての鮮やかさを感じさせる豪華さです。


ソファなどはなく、地面にカーペットやクッションが置かれています。


本棚は独特の形。


吹き抜けを見上げた時の様子。


そのほか、食器や調理器具なども並んでいます。


ランタンも置かれていました。


続いて、ニズワフォートという砦の写真を見てみます。まず登場したのは、つぼがたくさんつるされた建物。


砦の近くには大砲が置かれていました。


入り口の扉はこんな感じ。


「ニズワフォートにようこそ」ということで、地図のようなものが描かれています。


道沿いを伸びる砦。


建物はこんな感じ。


ここには、装飾品や……


本などの資料写真も含まれています。


びょうで装飾された宝箱。


中には鮮やかな衣類が入っていました。


室内の様子。


格子の付けられた窓。


縦横の格子が互いにあいた穴を通るという構造です。


室内から出た時の様子。階段や段差が多い作りです。


パノラマで砦の中を撮影したのが以下の写真。


こっちは砦の外。


扉の中へ。


地下室へと続いています。


車輪のついたベンチと、真ん中に置いてあるくぼみのついたテーブルは、奥にあるテーブルセットから見るに食事用かもしれません。


最後はもう1つの砦、バハラフォート。


これも階段や段差が多い作りで、踏み外すと事故になりそうです。


外界との境界線。


階段は人が1人通れそうなくらいの細さ。


パノラマで風景を見るとこんな感じです。


石造りの迷路のよう。


中の様子。


扉は木造で、やや低い位置に取っ手があります。


カギも独特の構造となっていました。


全部で343枚、400MB超のデータを一気に見ると、現地の雰囲気をまるごと感じることができます。パノラマ撮影した景色から、細かい場所をクローズアップした写真までいろいろあるので、資料としても非常に役立ちそうです。

なお、写真の二次配布・二次加工配布は不可ですが、加工・トレース・商用利用などは可能となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
かつて花魁が暮らした遊郭で今は登録有形文化財の料亭「鯛よし百番」に行ってきたよレポート - GIGAZINE

コスプレ撮影にも最適な和風の「寝殿造り」に宿泊できるラブホテル「ホテル富貴」取材レポ - GIGAZINE

無料で使える18万点もの歴史的なデジタル資料をニューヨーク公立図書館がアップロードして公開中 - GIGAZINE

大正6年から昭和25年までの日本の姿を収めた写真がネットで公開中 - GIGAZINE

たった14年で消えた伝説の芸術学校「バウハウス」の3万2000点もの作品を無料でハーバード大学美術館が公開 - GIGAZINE

無料でフランス革命にまつわる1万4000枚もの画像資料がネット上で公開中 - GIGAZINE

世界遺産でもある八角形の美しい城「カステル・デル・モンテ」の写真 - GIGAZINE

美麗な城から朽ち果てた城跡までイマジネーションを刺激する世界の名城25ヶ所 - GIGAZINE

1000年以上前に建てられた中世の要塞に1人約8000円以下で宿泊できる「パラドール デ カルドナ」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.