デザイン

古代摩天楼都市シバームの幻想的な町並


西アジア・中東の国イエメン共和国にあり、砂漠のマンハッタンとも呼ばれる都市シバーム。ここには泥で作られた高層建築物が密集していて、現存する中では世界で最も古い摩天楼となっています。世界遺産にも登録されており、砂漠の中に突如現れるその姿はとても幻想的です。

詳細は以下から。
the world’s first skyscrapers ≪ deputydog

ほとんどの建物が500年以上前に建築されたもの。


建物上部が白くなっているのは、砂漠の日差しに耐えるためです。


建物は密に建てられているので、道は非常に狭い。


現在の住民は7000人ほど。建物は浸食を防ぐため、こまめにメンテナンスする必要があります。


日が暮れてくるとかなり雰囲気が変化。
Panoramio - Photo of Shibam


上空から撮影したムービー。
YouTube - YEMEN WORLD'S FIRST SKYSKRAPERS


シバームの子供達
YouTube - Children of Shibam


マンションなどとは違ってそれぞれの建物が1軒の家となっており、1階には家畜、2階は倉庫、といった感じで階層ごとに用途が割り振られています。

摩天楼都市シバーム

・関連記事
世界で最も高い建物ベスト10を並べて比較してみる - GIGAZINE

ゲームのように整然としたメキシコの街並 - GIGAZINE

世界各地の美しいリゾート地や幻想的なホテルの写真 - GIGAZINE

100枚以上の美しいニューヨークの夜景写真 - GIGAZINE

世界のいろんな風景やイベントを360度パノラマ写真で見られるサイト - GIGAZINE

in デザイン,   メモ, Posted by darkhorse_log