×
動画

火炎放射器付きドローンを自作してクリスマス用に七面鳥の丸焼きを調理


クリスマスに七面鳥の丸焼きを食べるのがヨーロッパでは伝統となっていますが、この七面鳥の丸焼きを、火炎放射器を搭載したドローンを使って調理するという人物が登場しています。

Roasting the Holiday Turkey - YouTube


山中でたき火をおこし、串刺しの七面鳥をじっくりと調理しているようです。たき火の前方に円形のドローンがホバリングしていますが……


突然、ドローンが前方に向かって火を噴きます。


ドローンは上下にホバリングしながら、七面鳥に向けてファイアー!


真っ赤な炎に包まれて、七面鳥の姿が見えないほど。


横から見てみると、ドローンから七面鳥に向かってまっすぐ炎の線が伸びており、火炎放射器の威力の大きさを感じられます。


あまりに炎の威力が強すぎるので七面鳥が丸焦げになるのではないか?と心配になりますが、ドローンは前後にも移動して、七面鳥に当たる火の大きさを調整しているようにも見えます。


調理用の柱まで燃えていますが、大丈夫なのでしょうか……。


ドローンに取り付けたカメラの映像はこんな感じ。写真右側の青い機械が前方の七面鳥に向かって炎を噴き出しています。


別の角度から見てみると、ドローンに取り付けた火炎放射器が燃料となる液体を前方へ発射しながら炎を上げている様子がよく分かります。


なお、七面鳥がちゃんと食べられる状態に焼けたのかどうかは最後まで明かされないため不明です。

この火炎放射器付きドローンを自作したHogwitさんは、過去には銃を取り付けたドローンも制作しています。

Flying Gun - YouTube


ドローンに銃をつける行為自体はアメリカの法律で規制されてはいませんが、Hogwitさんは警察署での取り調べの際に、「警官に従うことを拒否して、警官に攻撃を加えて取調室から無理やり退出した」として一度逮捕されています。

Gun Drone Creator, Austin Haughwout, Arrested On Unrelated Charges ≪ CBS New York
http://newyork.cbslocal.com/2015/07/25/gun-drone-creator-arrested/

・関連記事
合法の「火炎放射器」が登場している理由とは? - GIGAZINE

後方に火を噴く火炎放射器付きのスクーターを作った男が逮捕される - GIGAZINE

水鉄砲を火炎放射器に改造するムービー - GIGAZINE

手作りしてはいけなかったのではないかと思えるガジェットいろいろ - GIGAZINE

アメリカ政府当局がドローンの購入者に登録を義務づけへ、年内にも発効か - GIGAZINE

3Dプリンターで銃を作るプロジェクトで借りていた3Dプリンターが没収される - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   , Posted by darkhorse_log