サイエンス

クリエイティブな人は精神的な病みやすさが他の人より高いのか?

by Charis Tsevis

統合失調症双極性障害になりえる遺伝的なリスクを示す値を調べたところ、芸術など創造的な能力との関連が見られることが明らかになりました。この論文はNature Neuroscienceに掲載されています。

Polygenic risk scores for schizophrenia and bipolar disorder predict creativity : Nature Neuroscience : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/full/nn.4040.html


Critics say that a new study linking creativity and mental illness is lacking | The Verge
http://www.theverge.com/2015/6/8/8746011/creativity-genetics-schizophrenia-bipolar-decode

Genetic risk of psychiatric illness linked to creativity | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2015/06/genetic-risk-of-psychiatric-illness-linked-to-creativity/

この結果は、アイスランドにあるバイオ医薬品関連企業のdeCODE geneticsやイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンなどの研究チームが、アイスランドに住む8万6000人の遺伝子サンプルを分析してわかったもの。今回の研究では、ビジュアルアーティスト、ダンサー、ミュージシャン、作家、俳優といったクリエイティブな仕事に就いている1000人以上について、統合失調症や双極性障害になる遺伝的リスクを示すポリジェニックスコアが他の仕事の人々よりも高かったことがわかりました。

これまでも、心理学者の間では精神病と創造性との間に関連があるのではないかと考えられていて、スウェーデンのカロリンスカ研究所が約120万人に及ぶ精神科患者とその親族を対象に行った調査でも、創造性が要求される分野で活動している人は双極性障害を発症する可能性が8%ほど高く、作家では一般より121%増大することがわかっています。

CNN.co.jp : 創造性の「暗黒面」 抑鬱や狂気が天才を生み出す? - (1/3)
http://www.cnn.co.jp/career/35044129.html


ただし、The Vergeによれば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の遺伝学者Roel Ophoff氏は「確かに関連はありますが、ごくごくわずかなものです」と語っているそうです。Ophoff氏によれば、報告のあった相関は小さいもので、ポリジェニックスコアの“予測力”に限りがあることを示しているとのこと。

以前からの研究と合わせて、やはり「クリエイティブであることと、精神的な病との間には何らかの関連がある」とは言えるようですが、世の中にはクリエイティブな仕事をしつつも精神的な病に悩まされることのない人が多数いて、同時に、クリエイティブな仕事をしていなくても精神的な面で苦しんでいる人もいます。「精神的な病になり得る可能性がある人がクリエイティブな才能を持っている」のか、「クリエイティブな才能を発揮し続けることで、精神的に不安定になっていく」のか、さらなる研究結果も知りたいところです。

by Sandra Strait

・関連記事
「疲れているほど脳はクリエイティブになる」など脳にまつわる10の事実 - GIGAZINE

天才たちのようにクリエイティブな才能を発揮するための6つのヒント - GIGAZINE

どんな時でもクリエイティブであるための7つのステップ - GIGAZINE

クリエイティブな才能を開花させるための意外な5つの方法 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logc_nt