メモ

2年間にわたって自警団員が携帯通信電波をジャミングしていた理由とは?

By Oscar Anton

通信電波やレーダーを妨害することは「ジャミング」と呼ばれる行為であり、多くの国で違法行為とみなされます。そんなジャミング行為を、フロリダ州で2年間にわたって行い続けた男性が逮捕されました。なぜ男性がジャミングを行っていたのか?ということが報道されています。

FCC: Seffner man used cellphone jammer
http://tbo.com/news/business/fcc-seffner-man-was-using-cell-phone-jammer-20140429/


A Florida Resident Drove Around with a Cellphone Jammer for Two Years Before Being Caught
https://www.yahoo.com/tech/a-florida-resident-drove-around-with-a-cellphone-jammer-84369099229.html

フロリダ州の通信キャリア「MetroPCS」が一部の高速道路上で不審な停電や通信タワーが干渉を受けていることに気づき、連邦通信委員会(FCC)に通報。FCCが調査を行ったところ、1台のトヨタ・クルーガーから強力な広帯域電波が放出されていることを突き止めました。保安官が車の持ち主であるジェーソン・R・ハンフリース自警団員を逮捕した時、保安官の無線機は停止しており、車内からは携帯電話の電波妨害装置(ジャマー)が発見されています。


自動車運転中の携帯電話やスマートフォンによる通話・メールは危険を招く恐れがあり、多くの国で法律によって禁止されています。アメリカの多くの州でも運転中の携帯電話の使用に罰則が設けられていますが、フロリダ州の州法では禁止されていません。そんな事態を自らの手で解決しようと考えた60歳の男性ハンフリース自警団員は通勤時にジャマーを持ち運び、16~24か月にわたって携帯電話の電波を妨害し続けていたとのこと。

By Tim Caynes

広範囲の通信妨害は、緊急時に救急車を呼ぶことができないといった危険を招く可能性があるため、法律で厳しく取り締まられています。ハンフリース自警団員の所持していたジャミング装置のメーカーや有効範囲などは明らかになっていませんが、例えば違法に販売されている「TRJ-89」というジャマーは周囲半径5マイル(8km)の電波を遮断することが可能とのこと。ハンフリース自警団員は「運転中の携帯電話の使用をやめさせるためにジャミングを行っていた」と悪意はなかった旨を供述していますが、連邦法で禁止されているジャミング装置を所持していたとして、4万8000ドル(約490万円)の罰金が科されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
電波を完全に遮断する「OFF Pocket」でスマートフォンへの通信を遮断してみた - GIGAZINE

最も奇妙なスパイ道具ベスト10 - GIGAZINE

史上最大の電波ジャックとして今も語り継がれる「マックス・ヘッドルーム事件」とは? - GIGAZINE

携帯電話の電波を可視化すると世界はこんな風に見える - GIGAZINE

無線LANタダ乗りの「無銭LAN」機器、販売者だけでなく購入者も処罰される - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.