ソフトウェア

月額定額制でカフェや喫茶店のコーヒーが飲み放題になるアプリが登場

By Bertalan Szürös

世界中どこに行ってもカフェや喫茶店で飲むことができるコーヒーは、世界で最も飲まれているドリンクの1つといっても過言ではありません。コーヒーを1日に何杯も飲む人にとって、コーヒーにかける出費は抑えたくてもなかなか抑えられないものです。そんなコーヒー党の人にぴったりなiOS/Android向けアプリ「CUPS」が登場しました。CUPSは完全月額定額制でニューヨーク市のマンハッタンにあるコーヒーショップでコーヒーが飲み放題になる、というアプリです。

CUPS
http://cupsapp.com/



CUPSのコーヒー飲み放題プランには、ドリップ・フィルターコーヒーや紅茶が45ドル(約4580円)で飲み放題になる「AMERICAN CLASSIC」と、AMERICAN CLASSICにエスプレッソやラテ、マキアートなどが加わった85ドル(約8700円)の「FOREIGN FLAIR」の2種類があります。例えば、AMERICAN CLASSICでコーヒーを毎日2杯飲むと、1杯当たり約75円で、コーヒー党の人にはかなり魅力的。また、AMERICAN CLASSICとFOREIGN FLAIRには対象のドリンクを1カ月間で5杯、11杯、23杯飲める安価なプランも用意されており、コーヒー党の人でなくても利用しやすくなっています。


CUPSの使い方は至ってシンプル。まず、アプリを起動してCUPSに登録されているコーヒーショップを検索します。


現在地に近いところからコーヒーショップが表示されるので、行きたいショップを選択。


ショップに着いたら、アプリからプランに対応している飲み物を選びます。


飲みたいコーヒーが決まったら、スマートフォンを店員に見せてコードを入力してもらうだけ。


現在ニューヨークで展開中のCUPSに登録されているコーヒーショップは全部で31店舗。スターバックスのような大型コーヒーチェーン店は含まれておらず、個人経営型の小さなコーヒーショップが中心です。CUPSはコーヒーショップの新規登録を受付中で、これから登録店舗が増えていくことが予想されます。


CUPSの目的は大型チェーン店の流入によって減少しつつある個人経営のコーヒーショップをサポートすること。CUPSに登録するのに登録料や月額課金などの料金は発生しません。CUPSはユーザーから料金を受け取り、ユーザーがアプリを使用してコーヒーを購入するごとにコーヒーショップに別途お金を支払うシステムを採用しています。


CUPSはイスラエルで立ち上げられたサービスで、テルアビブやエルサレムでは100店舗以上ものコーヒーショップがCUPSに登録しており、その実績はすでに証明済。ニューヨークで成功を収めれば、日本に上陸する可能性もあり、今後の展開に注目です。

・関連記事
アメリカのカフェでオーダーできる、コーヒー豆から作られたドリンク27種類 - GIGAZINE

10分100円で飲み放題・電源確保・飲食物の持込OKという「コインスペース」を実際に利用してみた - GIGAZINE

他社のコーヒーでは動作しない「DRM」搭載コーヒーマシン導入で訴訟に発展 - GIGAZINE

コーヒーをおいしく淹れるために豆の量や抽出時間を正確に測る万能はかり「acaia」 - GIGAZINE

600円で生ハムやソーセージなどが食べ放題の朝食ビュッフェを実施している「バルマルシェコダマ エキュート品川店」 - GIGAZINE

トクホ(特定保健用食品)の缶コーヒー「ボス グリーン」を飲んでみました - GIGAZINE

マイクロソフトで働くとドリンク飲み放題 - GIGAZINE

複数のモーニングとコーヒーが楽しめ、本の貸し出しまで行っている喫茶店「友路有(トゥモロー)」に行ってきました - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   , Posted by darkhorse_log