ムービー

スティーブ・ジョブズの大学中退から成功への道を描く映画「jOBS」予告編


Macintosh・iPod・iPhone・iPadなど数々の革新的な製品を世の中に送り出した、Appleの創業者スティーブ・ジョブズ。彼が盟友スティーブ・ウォズニアックとともにどんなアイデアを持って、いかに成功と失敗を繰り返してきたのか、その半生を描く映画「jOBS(ジョブズ)」の予告編が公開されました。



物語はジョブズがAppleを創業するはるか前、大学に通っていたころからスタート。


ウォズニアックが作ったのはPCの原型に近いもの。ただし、個人がコンピュータを持つ時代ではなかったので「パーソナルコンピュータ(PC)」などとは呼ばれていないころ。


これに目を奪われるジョブズ


このコンピュータには「Apple Computer I」という名前がつけられ、666.66ドルで売られることに。


2人は起業を決め、当時インテルの社員だったマイク・マークラに声をかけます。


ジョブズがAppleを創業したのはまさにこの実家のガレージでした。


マークラはAppleに加わることを決定


「Apple Computer Inc.」は注目を集めることに。


会議中のジョブズ


異論が出ると……


即座に「出ていけ」とバッサリ


このままではIBMとの戦争になる、と懸念を抱く経営陣。


開発に打ち込むジョブズ


そしてとうとう、ジョブズはAppleを追い出される形に。


インドへの旅


アイデアを練るジョブズ


斬新な筐体は1998年に発売したiMac。


そして、ジョブズは発表会に自ら立つ……。


ということで、全米の公開は8月16日に決定。日本での公開については邦題も含めてまだ情報がありません。

・関連記事
Apple創始者であるジョブズの人生を映画化した「jOBS」がサンダンス映画祭2013のクロージング作品に選ばれる - GIGAZINE

スティーブ・ジョブズの銅像はなぜアメリカではなくブダペストにあるのか? - GIGAZINE

20年前のジョブズにインタビューした未公開映像が公開中、「私の仕事は何百年にもわたって評価される絵画とは違う」 - GIGAZINE

ジョブズのメールが示すハードな交渉のやり方と勝ち方 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logc_nt