メモ

ノートPCの内蔵HDDの故障をビッグデータを活用して事前に検知する技術を東芝が開発

By eblaser

ノートPCから取得した内蔵ハードディスクドライブ(HDD)の読み取りエラー回数や稼働時間などのデータ(ユーザーの同意に基づいてハードディスク・冷却システム・バッテリーなどの稼働情報を取得したもの)と故障したHDDのデータを収集し、得られた大量のデータを解析することにより、HDDの故障を事前に検知する技術を東芝が開発しました。

東芝:ニュースリリース (2012-12-26):ビッグデータを活用し、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に検知する技術を開発
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2012_12/pr_j2602.htm


今回の開発にあたっては、東芝製ノートPCに搭載したソフトウェア「東芝PCヘルスモニタ」により取得したノートPC166万台分(2012年12月26日時点)のHDD稼働データと、東芝の修理センターで蓄積された故障HDDのデータを利用、これらのビッグデータを元に作成した750種類以上にわたるHDD稼働データの特徴を解析し、故障を事前に検知する技術を開発したとのこと。


今回の技術によって故障が起こりやすい状態が継続する期間を予測でき、期間中はデータをバックアップする頻度を増やすなどの対策ができるようになるそうです。

By AndiH

また、この技術により、HDDが故障する前にデータをバックアップすることが可能になり、重要なデータの消失を防ぐことが可能になり、さらにこの技術は企業向けノートPCの管理ツール「東芝スマートクライアントマネージャー」の新機能として、2013年度に商品化を計画している、とのことです。

なお、今回の技術は2013年1月8日からアメリカで開催される「2013 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」でデモ展示を行う予定だそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コピペ中のハードディスクの中は一体どうなっているのか? - GIGAZINE

ハードディスクが死亡してデータが失われる前に気づくことを可能にするフリーソフト「[email protected] Hard Disk Monitor」 - GIGAZINE

使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」 - GIGAZINE

ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~前編~ - GIGAZINE

Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する - GIGAZINE

郵送されてきたハードディスクにデータをバックアップして返送する「SneakerBackup」 - GIGAZINE

ハードディスク価格が2011年タイ洪水以前の水準に戻るのは2014年以降 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.