ウェブアプリ

プログラミング言語同士がどう影響を与え合っているのかを示した相関図


世の中には数千種類のプログラミング言語がありますが、その多くは何らかのプログラミング言語から影響を受けてできており、また、自身も他のプログラミング言語に影響を与えていたりします。その関係を1つのマップ上に落とし込んだ相関図が「Programming Languages Influence Network」です。

Programming Languages Influence Network | Exploring Data
http://exploringdata.github.com/vis/programming-languages-influence-network/



まるで星のように見えている点がそれぞれ1つのプログラミング言語を表しています。たとえば「Lisp」にマウスオーバーすると、このように関連する言語までのラインが表示されます。このうち、オレンジ色は「影響を受けた言語」、青色は「影響を与えた言語」を示しています。Lispの場合はPythonやSmalltalkなどに影響を与えています。


マウスオーバー状態でクリックすると、その言語の詳細が表示されます。影響を与えた言語も確認できます。


BASICの場合


こちらはFortran、1954年に考案された初めての高級言語(高水準言語)です。源流を辿っていくと……


アセンブリ言語に辿り着きました。こちらは低級言語(低水準言語)で、高級と低級の違いは人間にとってわかりやすくできている(高級)か、コンピュータにとってわかりやすくできている(低級)か、といった感じ。


C言語ALGOLなどから影響を受けており、C++C#など数多くの言語に影響を与えています。ちなみに、ラインの色からするとJavaの影響を受けていることになっていますが、C言語は1972年登場、Javaは1990年代登場です。


この言語マップはホイールなどを使うことでズーム可能。


ズームすると、それまでは見えなかった小さな星(言語)まで見つけることができます。


中にはこのように、他言語とは独立して浮かんでいるものも。


言語が多すぎてわかりにくい場合、メニューの「Language Paradigm」から言語を絞ることができます。たとえばオブジェクト指向のプログラミング言語のみを選ぶと……


このような感じ。


ちなみにこの図はリロードするたびに配置が変わるようになっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Fortranから最新言語まで、約2500種類のプログラミング言語の系図 - GIGAZINE

ニンテンドーDSi上でプログラム言語「BASIC(ベーシック)」が使える「プチコン」 - GIGAZINE

世界から失われそうな言語がわかる地図 - GIGAZINE

in メモ,   ネットサービス, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.