デザイン

指で押さなくとも押しピンをプスプスと壁に刺すことができる「Pin Point」


押しピンを使おうとピンをつまんだ瞬間に誤って針で指を突いてしまい、痛い思いをする……ということを防ぐのが「Pin Point」。本体の中にピンをセッティングし、ボタンを押すことによってプスプスと針を刺していくことが可能なので、個別にピンをつまむ必要がありません。

quirky - Pin Point
http://www.quirky.com/products/329-Pin-point-pushpin-pen

本体はこんな感じ。大きさは146mm×20mm×26mmです。


使う際はまず、専用の押しピンを12個重ねたものをPin Pointの後ろから入れます。この時、押しピン針は前の押しピンの頭部に収納されています。


あとは使いたい部分に向かってPin Pointの頭を当ててボタンを押すだけ。ピンをつまむことなく押しピンが刺せるので、誤って針で指を突いてしまうこともありません。


クリップを使ってポケットなどにぶら下げることができるので、作業中も便利です。


なお、Pin Pointは現在商品化が検討されている最中であり、価格など詳細はまだ決まっていない、とのこと。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
外れないようぐりぐり壁に刺しこめるネジのような押しピン「Tackits」 - GIGAZINE

てこの原理を利用して刺しやすく抜きやすくなった押しピンのデザイン - GIGAZINE

針を刺す部分と台とが完全分離してどこにでも針を刺せるステープラー「Align」 - GIGAZINE

ペンをぷすっと突き刺して整理するペン立て「Pen Zen」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.