デザイン

人形遊び+技術力で理系女子を育てるおもちゃ「Roominate」


夢を追いかけて理系に進んだはいいものの、大学の扉を開けるとそこは男の園でした……と、数学や化学を大学で専攻する女の子たちがあまりの女子率の少なさを嘆いて一念発起、女の子たちにもっと理系の魅力をわかってほしい!と作ったのが「Roominate」です。木製ピースを組み立てて家具や部屋を好きなようにコーディネートできるので、子どもたちにRoominateで遊ぶことを通して建築家やアーティスト、エンジニアなどの職業に興味を持ってもらおうという試みです。

Roominate - Roominate
http://www.roominatetoy.com/

Roominate: Make It Yours! by Maykah Inc. — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/369073015/roominate-make-it-yours

Roominateは部屋を自分好みにカスタマイズできるドールハウスです。


まず部屋の枠組みを作るところから始まって、


ベッドや家具を組み立て、壁紙やじゅうたんを選び装飾を施していきます。


電気回線をつなげてテレビやライトまで点灯するという本格派。


実際にRoominateを使って部屋を作っていく様子は以下から。



Roominateを作ったのはこの3人。アリスさん、ベッチナさん、ジェニファーさんです。


マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学、スタンフォード大学、ペンシルバニア州立大学で工学などを学ぶ3人ですが、そこにはある問題が……。


「女の子はどこ???」


ということで、次世代の女の子たちをアーティスト、エンジニア、建築家などに育てるべく、あるおもちゃのアイデアを出しました。


それが、「Roominate」。


積み重ねたり、くっつけたり、自分で組み立てた電気の回線で部屋をカスタマイズすることができます。


Roominateがどんなおもちゃなのかというと……


こんな感じ。


これを組み立てて、部屋を作っていきます。


まずは部屋そのものを作ります。


パズルのように木版の凹凸をはめ込んで、


こんな風に部屋の仕切りを作ります。


あっという間に4部屋ができました。壁紙やじゅうたんとして布を貼っていきます。


次に電気の回線をつなげます。


するとプロペラがくるくる回るように。


それを左上の部屋にくっつけて、扇風機にします。


もう一つ電気の回線をつなげます。


こんな感じに。


それを左下の部屋にくっつけると……


こんな風にライトがつきます。


次は何を組み立てているのかというと……


テレビでした。


これも電気の回線をつなげて、


右上の部屋に設置。


続いては小さな木片が積み重なっています。


これを組み立てて、


長机が4つ。


各部屋に据え置きます。


同様に棚や長イスも作って、


設置。


どんどんいきます。たくさん重ねられた木片を、


さくさくっと組み立てて、


こちらも棚です。


壁際に設置します。


この正方形の木片は一体何になるのでしょうか……


凹凸に木片を差し込んでゆき、


イスを量産。


と、ここでカラフルな箱が登場。


それを……


ざばーっと机にぶちまけます。


中からよさげなハギレを選んで、


テーブルクロスにしたり、ベッドカバーにしたり、布団にしてみたり。


ぬいぐるみや壁掛けなど、細かい部分を整えていきます。


たくさんある飾り付けの中から自分の好みにあったものをチョイス可能。


右上の部屋にはお花を飾ります。


真ん中のイスにピンク色のリボンを巻いてアクセント。


4つの部屋はこんな感じになりました。どの部屋もカラフルでガーリーな仕上がりとなっています。


背面には電気の回線があって、表面とはうらはらにかなり理系な感じ……。


しかし、この電気回線のおかげで扇風機が回ったり、


ライトがついたり、


テレビがついたりするわけです。


かなり遊ぶ人のセンスが問われますが、小さな女の子が喜びそう、かつ子どものイマジネーションを伸ばしそうな仕上がりとなっています。


実際に5~12歳の女の子40人以上に遊んでもらってみたところ、


みんな「持ってかえりたい!」と大人気だったそうです。


ということで、3人の作ったRoominateを今度は商品化し、たくさんの女の子たちに遊んでもらうことで理系女子を育成しようと、現在Kickstarterで投資を募っている段階。〆切である6月16日までに欲しい!という人たちから2万5000ドル(約200万円)を集められたら商品化できます。欲しい人は49ドル(約3900円)を出資すれば商品化した際にRoominateが1つゲットでき、さらに出資の額を上げるとデラックス・デコレーション・パックなどがついてくるようになっています。

2012/06/01 14:35追記
無事商品化が決定したRoominateですが、反響が大きかったためアメリカ以外にも出荷されることになりました。RoominateとRoominateTシャツのセットを購入したい場合、カナダ・メキシコは5ドル(約400円)、その他の国は9ドル(約700円)を送料として支払うことによって届けてもらうことができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ベッドや机など基本的な家具に変化するマジックのような箱 - GIGAZINE

6種のピースでインテリアやゲームが作れる「CARPENTER BLOCK」 - GIGAZINE

部屋作りの参考になりそうなものも、練りに練られたデザインの寝床37連発 - GIGAZINE

100%鉛筆製の家具 - GIGAZINE

女の子のキャッキャウフフなパジャマパーティが枕投げから壮絶バトルに発展する「Sorority Pillow Fight」 - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.