×
メモ

レゴブロックで作られたドロイドくんのイメージからかけ離れたドロイドくん


タチコマでもスナイパーライフルでも、レゴは何でも作り出すことができますが、今度はAndroidのマスコットキャラクター、ドロイドくんを作れるキットが登場しました。

Brick Robot Companion for Android Building Kit by AbbieDabbles

「Robot Companion for Android」というレゴのパック、ドロイドくんを象徴するような緑色のパーツが多め。


どうやって作っていくのかな……などという過程はすっ飛ばして、いきなりドロイドくん完成。


これがレゴドロイドくん。ドロイドくん……だと思うのですが。


「どこがドロイドくんだよ」と言い合っているのか何なのかはわかりませんが、色は間違いなくドロイドくんなのに、雰囲気が違いすぎる……!


ホンモノはこんな感じ。頭がもっとつるっと丸ければドロイドくんっぽさがアップしそうですが、レゴドロイドくんはレゴドロイドくんとしてちょっとメカっぽさがあってアリかも。


なお、価格は30ドル(2521円)で、日本まで送ってもらう場合は送料が17ドル(1429円)かかるようです。

・関連記事
Androidのマスコット「ドロイドくん」本物とニセモノの見分け方 - GIGAZINE

Androidのドロイドくんを改造した200枚以上のイラスト集「Droidarmy」 - GIGAZINE

スマートフォンを充電するために生まれたドロイドくん「Andru」 - GIGAZINE

Androidのドロイドくんがエスプレッソカップになった「robopresso」 - GIGAZINE

とにかくものすごい勢いで踊るAndroidのマスコット、そしてダークサイドも - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt