レビュー

日本全国のアニメ放送状況を確認できるウェブサービス「しょぼいカレンダー」


2012年春季の新作アニメが続々とスタートし、まだ始まっていないのは「氷菓」「AKB0048」ぐらいになってきていますが、すでに人によっては「第1話見逃したからもう諦める……」「第2話が録れてなかった……ネットでの配信日を待とう」と悲劇に見舞われているケースもあるかもしれません。

そもそも新作が50本弱スタートし、さらに前のクールから続いている作品もあって、地上波、BS、CS、ネット配信と多種多様なチャンネルを合わせると、いったいいつどこでどの番組が放送されているのか、だんだんと把握できなくなっていきます。

そんなアニメ生活の一助となるのが、全国の放送・配信データをカバーしてくれるウェブサービス「しょぼいカレンダー」です。

しょぼいカレンダー
http://cal.syoboi.jp/



普通にアクセスするとこんな感じ、首都圏で見られる地上波+BS・CS+ネット配信の番組が表示されています。首都圏在住の人であればこのままでも番組表サイトとして利用可能ですが、自分が見る予定のない番組も表示されていたり、その他の地域の人だとそもそも見たいチャンネルが表示されていないため使いようがありません。なので、まずは「ログイン」をクリック。


こちらがログイン画面。


まだIDを持っていない人はここでIDを登録します。必要なのは希望するユーザIDとパスワードだけ。


IDの登録が完了したら、そのユーザIDとパスワードを入力してログインします。ちなみに、livedoor IDを持っている人はそちらを使用することも可能。


これでいろいろな設定が可能になります。「番組表設定」では、番組表画面で各種サイトへのリンクを表示するかの設定を行います。


重要ポイントがココ、「チャンネル設定」。自分が視聴するチャンネルだけをここで指定することで、それ以外の番組については非表示とすることができます。


たとえば、東京の湾岸在住で地上波のみ視聴、BS・CSは見ないという場合はこんな感じ。


設定時はエリア名が書かれている部分をクリックするとその欄のチェックボックスを一括でON/OFF可能です。


こうして適切に設定すると、番組表がスッキリとします。


番組表の見方は普通のテレビ欄と同じ。背景が黄色い番組は通常のアニメ、砂色の番組は再放送(初放送がすでに最終回を迎えたもの)、赤っぽい番組は特撮、青はその他のテレビ番組。


テレビ番組は放送時間が毎週決まっているわけですが、ときどき番組編成などの都合で遅れることがあります。その際にはこの番組表での「坂道のアポロン」「つり球」のように、いつもより何分遅れているかの表示が行われます。また、先週は放送が休みだったり遅れていたりしたものの今週は元の時間に戻っているような場合だと「あっちこっち」「さんかれあ」のように「!」マークが表示されます。


こちらは番組ごとの画面。基本情報やスタッフ、オープニングテーマとエンディングテーマ、キャストなどが登録されています。


放送時間の一覧。サンテレビでの放送は野球中継の影響を受ける可能性があるので、その旨の注意書きがついています。


サブタイトルの一覧、現時点では第3話までが登録されています。


ここのチェックボックスで視聴済みの回に「✔」印、見逃した回に「×」印を入れておくと……


番組表で表示したとき、視聴済みだと緑色、見逃し回だと赤色の枠がぼわんと浮かび上がります。再放送があった時などに「そういえば、この回は前に見逃したんだった」とすぐに気付くことができます。


視聴するチャンネルの設定、ここで5種類の強調表示と半透明、非表示を使い分けることで、番組表を自分の見やすいようにカスタマイズできるのが特色です。


メイン画面右上に主要なメニューがまとめられています。「番組表」は先ほどから表示されている画面。


番組表の見せ方もいろいろです。「なし」だとその日に放送されるアニメの放送開始時間、チャンネル、番組名、サブタイトルがずらっと表示されます。


「24」だと24時間に区切ってどこでその番組が放送されるのかというグラフが表示されます。


「表」だとテレビ欄と同じように上から下に一日の番組が並びます。表示させる日数の調整もできるので、一週間分の放送予定をずらっと横に並べたい場合はこの表示方法が便利。


「simple」は表示が最もシンプル。


番組表を離れて「一覧」へ。登録されている番組の一覧がジャンル別に表示されます。「アニメ」欄に入っているのは、現在放送中のアニメで、かつ再放送ではないモノ。たとえば「ドラえもん」は新作アニメではありませんが、最終回を迎えて再放送に入ったわけではないのでココに属します。


「アニメ(終了/再放送)」は放送中かどうかを問わず、初回放送が最終回を迎えた番組が属します。「NARUTO-ナルト-」や「ケロロ軍曹」はアンコール放送が行われていますが、すでに最初の放送では最終回を迎えているのでココ。


こちらは検索メニュー、登録されているタイトルを検索可能です。


そして設定。番組表の設定とはまた別で、全体的な表示に関する設定はこちらのメニューから行います。


なんとこのサービス、プロトタイプが登場したのは1997年ごろだそうです。


1998年ごろ、現在の「24」表示に通じる形に。


2003年3月、すでに基本スタイルが完成しています


この2003年に急激に進化を遂げたようで、11月には表タイプの表示も現在とほぼ同じようなスタイルに


「しょぼいカレンダー」最大の特徴は、すべてのデータは編集権限を与えられた有志が登録しているものであるというところ。基本的に「自分が見られる番組のみ」というルールに基づいて登録されているため、放送局によっては実際は放送されているのにここにデータがないというケースもありますが、かなり広範囲をカバーしています。このサイトをうまく使いこなせば、放送されているアニメに気付かないという事態は発生しなくなるはず。

問題は、わかっていてもとても見られないほどの数の番組があるということですね……。

・関連記事
2012年春季開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

PSVitaにtorneで録画したアニメを即転送して快適通勤通学ライフを送る方法 - GIGAZINE

2012年春季開始のアニメ注目度ランキングは僅差で「咲-Saki- 阿知賀編」がトップに - GIGAZINE

アニメ業界の高齢化を憂いつつアニメビジネスとマーケットの現況をひもとく - GIGAZINE

厳しい環境でこそ作品作りが面白い、竹田靑滋プロデューサーのアニメ戦略 - GIGAZINE

1万話以上のアニメを作ってきた「東映アニメーション」の今までとこれから - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   アニメ, Posted by logc_nt