ムービー

全自動自殺マシン「シャノンの最終機械(ウルティメイトマシン)」


「Windowsを終了するためにはスタートボタンを押さなければならない、終了なのにスタートとはこれいかに?」と同じくらい大きな自己矛盾、すなわち終了するためだけに存在している究極、そして最後の機械が「シャノンの最終機械(ウルティメイトマシン)」です。

この機械を作ったクロード・シャノンはアメリカの電気工学者にして数学者であり、情報理論の父と呼ばれ、情報・通信・暗号・データ圧縮・符号化などの情報社会に必須の分野の先駆的研究を行い、今日のコンピュータ技術の基礎を作り上げた人物で、あらゆる情報は「0」と「1」にコード化することができ、それによってアナログをデジタルに変えることができるはずで、コンピューターはただ計算するだけのものではなく、もっと違うことができるのだということを示した偉大な人物です。


そして、今のパソコンやネットの基礎を築いた一人であるクロード・シャノンによって考案されたのが、以下のマシン。一番最初に作られた原型がどのようなものであるかは残っていないので不明ですが、断片的な情報をつなぎ合わせた結果、以下のようなものではないか?と言われています。

The Most Beautiful Machine, 2003
http://www.kugelbahn.ch/sesam_e.htm


原理的には非常にシンプルで、以下のムービーを見ればわかるように、スイッチを入れると自分で自分のスイッチを切る、つまり全自動自殺する機能しか与えられていないという究極にして最後の機械です。

The Ultimate Machine by Claude Elwood Shannon - YouTube


以下のムービーを見るとさらによくわかります。

Claude Shannon Ultimate Machine - YouTube


さらにこの「シャノンの最終機械(ウルティメイトマシン)」をレゴで作る強者も出現、どんどん最終機械が身近になっていきます。

Lego version of Shannon's ultimate machine - YouTube


一体どのようにレゴを使えばこのような動きができるのか?ということで、以下が中身が見えるようにわざわざ作ったバージョン。

clockwork LEGO Useless Machine -- turns itself off - YouTube


そしてこの最終機械はついに、最もこのような機械があってはならない場所、「Google」のオフィスに出現します。

Shannon's Ultimate Machine, take 2
http://lcamtuf.coredump.cx/ultimate/


以下が実際に動いているところ、今までの機械と違ってカウンターが付いており、Googleのオフィスではなんと1日200回も自分自身を終了させられるという恐ろしい目に遭っています。

Shannon's Ultimate Machine, take #31299 - YouTube


その魔手は海を越えて日本にも上陸しており、初音ミクの姿を借りて以下のような感じで稼働しています。

Ultimate Machine with Hatsune Miku (Leave Me Alone Box) - YouTube


なにゆえこれだけのシンプルな機能が「究極」なのか?以下のムービーがこの全自動自殺機械の恐ろしさと不吉な可能性を示しています。

Political Machines! - YouTube


パターンその1、人間が必死でスイッチを入れようとしているのにかたくなにスイッチを切ろうとする最終機械、まさに機械の究極の姿そのもの、与えられた機能がすべてです


パターンその2、2台の最終機械を用意します


スイッチをこのようにして棒で連動させます


両方から少しずつ動かして、同時にスイッチを入れます


すると、片方の機械がスイッチを切ると同時に、もう片方の機械にスイッチが入り、永遠にスイッチを切って入れ、入れては切り……を繰り返し始めます


ばたんばたん


バタンバタンバタン!まさに悪夢のような光景となっており、永遠に続く地獄の苦しみ、輪廻の輪にとらわれてしまったかのよう。


だがしかし、勢い余って無限ループを引き起こしていた棒がガタン!とはずれ、左の機械はスイッチが今度はいりっぱなしに、そして右の機械は永遠の眠りの中へ。これが全自動自殺マシン、「0」と「1」しかない「シャノンの最終機械(ウルティメイトマシン)」そのものです。


・オマケ

似て非なるもの、完全なる死のマシン、再帰性なし。

Unplugger - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ズッキーニを肛門に挿入して自殺を試みた男性、病院へ搬送される - GIGAZINE

ありとあらゆる方法で自殺しようとするウサギたちを描いた絵本「The Book of Bunny Suicides」 - GIGAZINE

全自動自殺機械を考案し続けた男「Bill Thomas」 - GIGAZINE

81歳のおじいちゃんが殺人ロボットを作って自殺 - GIGAZINE

従業員の自殺が相次いだFoxconn、疲れず不平を言わないロボットを導入へ - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.