秘密基地のように家の壁がパックリと開くデザインのガレージ


自動車や普段使わない物を保管するガレージのデザインは機能を優先した武骨なものがほとんどで、出入り口にはスライドタイプのシャッターを使っていることが多いですが、通常の家のような外見でガレージには見えないデザインのものもあるようです。

詳細は以下から。
フロリダにある見た目は普通の家のようなガレージ。
YouTube - Hangar Home



女性が入り口のドアから中に入っていきます。


すると、壁が半ばほどから全体的にパックリと開いていきました。


最終的にはこんな感じ。実用面で考えるとそれほど意味がないデザインに思えますが、秘密基地のようでワクワクするデザインです。


2階にも窓がついた家型ガレージ。どのように動作するのか正面から見られます。
YouTube - Opening of Hangar House Door - From Outside



ドアのデザインが違うタイプ。車庫入れして閉めるまでの様子が見られます。
YouTube - Hangar Home 2 Dan Shaw


・関連記事
自宅のガレージにパンナムのファーストクラスの客室を再現してしまった男性 - GIGAZINE

戦闘機や巨大ワニなど、想像を絶するものが入っているように見せかけるガレージアート - GIGAZINE

8年前、Googleはこのガレージから始まった - GIGAZINE

最も奇妙なスパイ道具ベスト10 - GIGAZINE

マリファナを水耕栽培している地下洞窟施設の写真あれこれ - GIGAZINE

広大な敷地にそびえ立つ倉庫群、劇団四季を影で支える「四季演劇資料センター」に潜入してきました~前編~ - GIGAZINE

0

in 動画, Posted by darkhorse_log