男が恋に落ちるのに必要な時間は8.2秒


イギリスのある科学者が「男性が恋に落ちるために8.2秒の時間が必要である」と提唱しているそうです。これだけを聞くと男性はすぐに恋に落ちるものと勘違いしてしまいそうですが、この8.2秒という時間はある行為を行う時間の境界線となるもののようです。

果たしてこの8.2秒とは一体何の時間なのでしょうか。

詳細は以下より。
8.2 seconds needed to fall in love - Telegraph

イギリスのある大学で、隠しカメラを設置し115人の学生の視線の動きと好感度の関係を調査したところ、男性が「ステキだ」と答えた女性(仕掛け人)と目線を合わしている平均時間は8.2秒だったとのこと。逆にあまり興味を示さなかった女性と目線を合わせた平均時間は4.5秒まで落ち込んだそうです。

この結果を受け「男性が初対面の女性に対し、8.2秒以上目線を合わせ続けていれば、既に恋に落ちているのではないか」と判断したようです。

一方女性は相手が魅力的であろうと無かろうと、ジッと相手のことを見続けることができるため、この法則が当てはまらないとのこと。

ただ、照れてしまって目線を外してしまうということもあるため、必ずしもこの8.2秒の法則が当てはまるとは言えませんが、目線をずっと合わせられると言うことは自分に興味を示している、もしくは心を許しているという事にもつながるため、8.2秒の法則は男性が自分に好意を持っているのかどうなのか判断する基準になるのかもしれません。

・関連記事
女性は顔にキズがある男性の方が魅力的に見えるらしい - GIGAZINE

女性と男性が思い描いている女性の理想体形の違い - GIGAZINE

男性に嫌われる女性のファッションベスト5 - GIGAZINE

女性は「無精ひげ」の男性を好むという研究結果が明らかに - GIGAZINE

お酒を飲む女性ほど男性を見る目がないことが明らかに - GIGAZINE

女性の脳と男性の脳では「美」についての脳内処理が異なっていることが判明 - GIGAZINE

デートではラブコメ映画は見ないほうがいい? - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log