ハードウェア

ついに登場?Appleがミニノート用のタッチパネルを発注


長らく登場が期待されているにもかかわらず上級副社長が当面発売しない意向であることを強調するなど、発売される可能性が非常に低いように思われていたAppleのミニノートですが、ついに発売される可能性が出てきました。

製品のスタイリッシュさに定評のあるAppleがミニノート市場に参入することを待ち望んでいた人には朗報かもしれません。

詳細は以下の通り。
Wintek to supply touch panels for Apple netbook, says paper

この記事によると、台湾の液晶ディスプレイメーカー「Wintek」がAppleからミニノート用とみられるタッチパネルを受注したそうです。出荷の開始は2009年第3四半期に予定されているほか、Wintekがいくつかの「新製品」を開発するために現在Appleに協力していることも明らかになったとのこと。

なお、WintekはAppleの「新製品」がどのようなアプリケーションのためのものであるかといったことや、新製品が発売される時期について明らかにしていませんが、今年の後半になると見込まれるとしています。

また、タッチパネルを搭載したAppleのミニノートが実際に発売される場合、製造を手がけるのは電子機器のOEM(相手先ブランドによる生産)メーカーのQuanta Computerになる模様です。

・関連記事
次世代iPhoneと思われる写真が流出、安価なエントリーモデルも登場か - GIGAZINE

iPhone 3Gが日本でも値下げ、実質負担額がなんとゼロ円に - GIGAZINE

昇天しそうなほどクールなiPhone用のbluetoothヘッドセット「iGiveUp」 - GIGAZINE

アップルCEOのスティーブ・ジョブズが自身の健康問題について手紙を公開 - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log