メモ

アニメーター評価表らしきファイルがネット上にアップロードされた件について株式会社ボンズが公式見解発表


現在放送中の「SOUL EATER - ソウルイーター -」や「二十面相の娘」、過去作品では「鋼の錬金術師」「交響詩篇エウレカセブン」「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」で有名なアニメーション制作会社ボンズの「アニメーター評価表」らしきものがネット上に流出した件について、公式に見解が発表されました。

この評価表と思われるエクセル形式のファイルには、社内や社外の各アニメーターについてA・B・C・×などで評価が書かれており、さらに「性格難あり」「コイツはクビ」「電話に出ない」「扱いづらい」「終わってる」「戦犯」「超遅筆で金に汚い」「会社の癌」などという誹謗中傷としか思えないコメント、そして携帯電話番号や住所といった個人情報までもが記載されており、その真偽についてネット上で大激論になっていました。

これまでの経緯と過去の似た事例の詳細などは以下から。
そもそもの発端は「どっとうpろだ.org」に6月21日(土)20時53分43秒にアップロードされたオリジナルファイル名が「bones_list.xls」という188KBのExcel形式ファイル。

【2ch】日刊スレッドガイド : ボンズのアニメーターランク表らしきものが流出? 戦犯・会社の癌ほか

これがアップロードされた際の様子


コメントに「bonesってサイテー」と書かれていることから「内部告発?」「会社に対して恨みを持った者の犯行?」「株式会社ボンズへのいやがらせ目的か?」などとさまざまな憶測がネット上で流れました。

この「bones_list.xls」ファイルの中身は現時点で確認できる限りでは378人分の社内外スタッフについてのまとめとなっており、「名前」「TEL」「携帯」「備考」「状況」「etc.」「住所」という各項目、さらに評価が記載されており、「色々引っ張るらしい」「男の電話だと出ない」「扱いづらい」などの内容から、素材を詰めたカット袋を運んだりしてフリーアニメーターの自宅を回ることが多いアニメーションの制作進行、あるいはそれより上のプロデューサーなどの役職にある何者かが作成したものであるとネット上では言われていました。

特にこのファイルの信憑性が高まった理由として、ボンズが制作を担当した2007年公開の時代劇アニメ映画「ストレンヂア 無皇刃譚」のボンズ社内での通称と言われている「無皇」という略称を使用している点、さらには内部以外には知りようのない人間関係に対する妙にリアリティのあるコメント、腕や技術に対するものだけでなく実際に仕事ができるかどうか、締め切りに間に合うのかどうか、使いやすいかどうかといったかなりビジネスライクな評価が多いことなどが指摘されています。


これらのネット上での騒ぎを受け、本日、ボンズから以下のような内容で公式見解が発表されました。

BONES NEWS: スタッフの皆様の情報データアップロードに関するお知らせ

2008年07月06日

スタッフの皆様の情報データアップロードに関するお知らせ

@uploader.jpサイト内「自由にアップ↑フリーアップローダー」等に「bones」等と題名が付せられた、弊社の管理情報であるかのような体裁で、弊社スタッフの個人情報等が含まれたエクセルファイルがアップロードされておりました件につきましては、弊社社内調査の結果、弊社内で同様のフォーマットで管理している情報は存在せず、社内管理情報ファイルが流出したものではないことを確認致しております。従いまして、同ファイル内のスタッフの属性等に関する記述に関しましても、弊社内の資料でなく、第三者が誹謗中傷等を目的として作成・公開したものと判断致しております。
以上の次第でありますので、同ファイルのインターネット上へのアップロード行為は、リストに記載されたスタッフの皆様、当社および当社のスタッフの信用・名誉等を毀損する悪質な行為であり、現在弊社において行為者の特定の為の調査を行っているところです。行為者の特定が出来次第、厳正な対応を行う予定でおります。

株式会社ボンズ 代表取締役 南 雅彦
Posted by 撮影部 : 2008年07月06日 18:00

「第三者が誹謗中傷等を目的として作成・公開したもの」と判断できる理由として、ネット上にアップロードされた「bones_list.xls」は短時間で複数のサイトに公開されたものであることもわかっています。

uploader.jpには6月21日20時51分、どっとうpろだ.orgには同日20時53分、2ちゃんねるアップローダーには同日21時7分、というようにして次々とアップロードしていることがわかる。


同様の事例としては、2007年10月にアニメ制作会社「AIC」が制作業務工程にて作成された個人情報を含むファイルをWinny経由で流出させて公式サイトにお詫び文を掲載したことがあります。

また、社内の評価という意味ではJAL(日本航空)が以前にその点を問題とされ、裁判になった事例があります。

JAL客室乗務員の個人情報流出事件 - OhmyNews:オーマイニュース

先日、JAL(日本航空)の労働組合から客室乗務員約7000人分の個人情報が流出する情報事故が発生した。流出した個人情報の中には、容姿、思想信条、支持政党、病歴などプライバシーに属するものが含まれ、同労組によって、1996年頃から本人に無断でデータベース化され、保有されていた。

例えば、思想信条の項目では「創価学会」「共産党」など政党名のキーワードがリストアップされ、さらに他の項目では、個人の交友関係までも情報に含まれていたことが判明している。

容姿の項目において、下劣な言葉で個人を格付けし、人権侵害行為があった事実も判明している。

日本航空の組合問題 - Wikipedia

2007年2月、JAL労組が管理職や一部社員から提供されたものを含む客室乗務員のプライバシーに関する情報(住所や生年月日のほか、思想、病歴、家庭環境、性格、容姿など約150項目)を収集・管理していたことが判明、JAL労組、日本航空がそれぞれ謝罪した。反会社側組合は「勤務の個人評価など会社しか知り得ない情報が記載されている」として、日本航空とJAL労組に対し損害賠償を求めて11月、東京地方裁判所に提訴した。

どのような目的で誰が作成し、そしてなぜネット上にて公開するほどまでの事態になったのか、すべての真実が明らかになる日は来るのでしょうか……?

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・前 - GIGAZINE

ハリー・ポッター最終巻がBitTorrentで流出中 - GIGAZINE

米国で急成長中のSNS「Facebook」のソースコードが流出 - GIGAZINE

iPhoneの新料金プランや端末価格などの社外極秘資料が漏洩か? - GIGAZINE

Xbox360を死亡させる耐久実験ディスクが流出中 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.