81歳のおじいちゃんが殺人ロボットを作って自殺


オーストラリアの81歳の男性が自殺を図り亡くなりました。死因はなんとインターネットから設計書をダウンロードして作った自殺ロボットによる銃殺だそうです。

詳細は以下から。FOXNews.com - Australian Man Gunned Down in Driveway by Killer Robot - International News | News of the World | Middle East News | Europe News

ゴールドコーストにて自殺した男性は1冊のノートの残していたそうです。そこには、家を出て老人ホームに入れと求めてくる他州の親戚となかなか折り合いを付けられずにいることと、自殺計画について書かれていました。

彼は何時間もかけてインターネットで自殺方法を検索し、遠隔操作で銃を発射できるロボットの設計図をダウンロードして、実際に作り上げたそうです。それから自宅敷地内の道路にロボットを設置し、自殺を図りました。

彼のノートには私道を死に場所に選んだことについても書かれていて、隣で働いている人が銃声を聞きつけて自分の死体を発見してくれることを計算していたとのこと。

どうやらものすごく行動力のあるおじいちゃんだったようで、知らない人ではありますが、亡くなったことが惜しまれます。

・関連記事
Wiiリモコンを振り回して操作できるロボットアーム「WiiBOT」のムービー - GIGAZINE

中国のロボットの写真いろいろ - GIGAZINE

PS3を搭載した、自動運転できるロボット自動車が登場へ - GIGAZINE

人間とほぼ同じ構造のロボットアーム - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log