レビュー

無料で利用可能なオープンソースの高機能ドラムマシン「Hydrogen」


ドラムマシンとは、要するにドラムパートを自動的に演奏させるための電子楽器の総称。フリーソフトでもいろいろとあるにはあるのですが、中でもこの「Hydrogen」はオープンソースで開発されており、Windows、Mac OS X、Linuxで動作可能。サウンドのサンプルとして「.wav」「.au」「.aiff」の各形式に対応しており、FLAC形式による圧縮も可能。パターン数には制限がなく、マルチレイヤーをサポート。作成した曲はWAVE形式かMIDI形式で出力可能です。

詳細は以下から。
Hydrogen - advanced drum machine for GNU/Linux
http://www.hydrogen-music.org/

ソングエディタ部分


パターンエディタ


メインミキサービュー


ダウンロードは以下から。

Hydrogen - advanced drum machine for GNU/Linux

どのような曲が作成できるかというデモは以下からダウンロードして聴くことができます。一番上のDeliciousはどこかに消えてしまっているようですが……。

Demos
http://www.hydrogen-music.org/?p=demos

楽曲はOGG形式なので、以下のようなプレイヤーが必要。

窓の杜 - Winamp
窓の杜 - Winamp日本語化キット
窓の杜 - KbMedia Player
窓の杜 - MediaMonkey

なかなかいい感じ。

・関連記事
全自動で作曲するFlash「tiny drum machine」 - GIGAZINE

めちゃくちゃきれいなiTunesのビジュアライザ「magnetosphere」 - GIGAZINE

全自動作曲することができる無料サービス「WolframTones」 - GIGAZINE

4.6GBものサウンド素材が無料ダウンロードできる「SampleSwap」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse