唐辛子のにおいが化学兵器テロと勘違いされてロンドンの町が大混乱


ロンドンの高級ブティック・レストラン街のソーホーで、異様な匂いがすると住民からの通報があり、特殊なガスによる化学兵器テロに備えて道路が封鎖される事態に発展しました。しかし、原因を探ってみると匂いの正体はレストランの唐辛子だったそうです。

詳細は以下からBBC NEWS England London Burning chilli sparks terror fear

通報を受けて消防隊は呼吸保護用の装置を身につけて現場に駆けつけ、警察は3つの道路を封鎖して避難を促し、特殊対応班がタイレストランの入り口を破壊して店内に突入。そこで発見されたのは瓶に入った9ポンド(約4キロ)の唐辛子でした。そのレストランはチリソースをつくるために特別辛い唐辛子をじっくり温めていた所だったそうです。

レストランの監督者であるSupranee Yodmuang氏は警察が道路封鎖したときも理由が分からない状態でしたが、上司から電話で「化学兵器テロだ。ビルから離れろ」と伝えられました。

ロンドン警視庁のスポークスマンは「道路封鎖は唐辛子を発見するまでの3時間で完了できた」と述べているそうです。

・関連記事
マリオのハテナブロックが住民を恐怖のどん底にたたき落とした - GIGAZINE

仮想世界「セカンドライフ」がテロリストの訓練場に - GIGAZINE

7歳のイスラム教徒の少年がアメリカで3度もテロリスト扱いされる - GIGAZINE

少年の名前がテロリスト名簿に合致、飛行機への搭乗を拒否される - GIGAZINE

世界一辛い「Blair’s 16 Million Reserve」の中身は何? - GIGAZINE

in Posted by darkhorse_log