アート

炎や水・ピンポン球をつかったディスプレイ



世の中にはいろいろな人がいるようで、とにかく様々なものを使って表現をしようとしています。

再生は以下から。火で表示。ずっと見ていると目が潰れそうです。


YouTube - Spelling Fire with Fire

公式サイトは以下。他のビデオや写真も見られます。

Infernoptix - Digital Pyrotechnic Matrix

次は水で表示。一瞬しか見られないのが難点。

YouTube - BitFall test

以下が公式サイト。現在こちらからはムービーが見られなくなっているようです。

SPHERICALROBOTS 2004

こっちも水で表示ですが水面に落ちた水滴で表示されています。Technologyの下の方にある画像をクリックすれば動画が見られます。

eavesdripping

こちらはピンポン球が降ってきて表示。デジカメや携帯電話で撮影したデジタルイメージから絵を生成するそうです。微妙に間違ってる色の球が落ちてるような。

YouTube - PingPongPixel

こんな感じでラインがつくられるようです。1つの絵が完成するのには2時間半かかるそうで。

YouTube - Ping Pong Pixel (2)

公式サイトはこちら。Picturesから他の絵も見られます。

Home of the PingPongPixel

細かな木のタイルで表示。鏡になっているようです。

YouTube - Wooden Mirror

下のが公式サイト。少しだけ写真が見られます。

Daniel Rozin Wooden Morror

・関連記事
ピクセルでできた街いろいろ - GIGAZINE

40000×18000ピクセルのシドニーの夜景 - GIGAZINE

「ミリオン・ダラー・ホームページ」のビルディング版が登場 - GIGAZINE

ピクセルでできた街を体験する「citypixel.com」 - GIGAZINE

テレビ映像をリアルタイムでフォトモザイク化「MediaMirror」 - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by darkhorse_log