テキーラを飲むと骨の形成が促進される可能性

by jen

テキーラの原料に含まれる物質がカルシウムとマグネシウムの吸収を高め、骨にいい影響を与えるとメキシコの研究者らが発表しました。同研究結果は、骨粗鬆症の新たな治療法の手がかりになるとも見られています。

In search of a treatment for osteoporosis from the tequila agave -- ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2016/04/160409091805.htm

Drinking tequila is good for your bones, science says | The Independent
http://www.independent.co.uk/life-style/tequila-good-for-your-bones-study-center-for-research-and-advanced-studies-in-mexico-osteoporosis-a7721161.html


メキシコの研究機関The Center for Research and Advanced Studies(CINVESTAV)の研究者らは、マウスにテキーラの原料であるリュウゼツラン(ブルーアガベ)から取ったフルクタンを摂取させました。すると、フルクタンを摂取したマウスは、摂取しなかったマウスに比べて、骨形成促進性に働くものと考えられているタンパク質のオステオカルシンを50%以上分泌していたとのこと。そして、実験開始から8週間後に実際に骨の直径を調べたところ、フルクタンを摂取したマウスは骨の直径が大きくなっていたそうです。

プロジェクトを率いたMercedes Lopez博士によると、この影響は腸内のバクテリアとフルクタンの相互作用によるもので、この2つが糖分子と栄養素を結合させ、骨細胞に変換するのを手助けするものと考えられています。「十分に腸内細菌叢がある状態でアガベに含まれているフルクタンを摂取すると、たとえ骨粗鬆症であっても骨の形成が促進されるのです」とLopez博士は語りました。骨粗鬆症の患者は世界中に2億人は存在すると言われており、今回の研究で発見された効果は、新たな骨粗鬆症の治療の手がかりになると考えられています。

なお、テキーラが体によい影響を与えるという研究結果は今回が初めてのものではなく、これまでの研究で血糖値やコレステロール値を下げたり、減量に役立つという内容も報告されています。

by Bill Bumgarner

・関連記事
世界で最も高価な「テキーラ」トップ10 - GIGAZINE

酔っ払いは自分がどれくらい酔っ払っているか正確に判断できないことが科学的に判明 - GIGAZINE

1年間で酔っ払う人が最も多い週など、お酒に関するデータを視覚化してみるとこうなる - GIGAZINE

信じがたい数の「偉大な作曲家」が飲んだくれだった - GIGAZINE

酔っぱらうだけじゃない、予想以上に役に立つウオッカのナナメ上な使い方7選 - GIGAZINE

バーボン飲みが知っておくべき10の用語 - GIGAZINE

24時間でウイスキーを3年熟成させる「Whiskey Elements」を実際に使って飲み比べてみた - GIGAZINE

良いウイスキーを作る蒸留所には必ずネコがいる - GIGAZINE

ウイスキーを入れるあの「樽」が作られていく工程がよくわかる「The Birth of a Barrel」 - GIGAZINE

1本約2億円、超高級スピリッツ - GIGAZINE

体重と飲んだ酒量を入力するだけでアルコール摂取量やどのくらい水を飲めば良いか自動計算してくれるサイト「二日酔い予防と対策」 - GIGAZINE

たった3日で2年分の酒の熟成が可能な方法が判明、使うのは「超音波」 - GIGAZINE

まさに芸術レベルの繊細さで作られる日本が世界に誇る「日本酒」製造現場 - GIGAZINE

in , Posted by logq_fa