肌に貼るだけで肥満を治療できるパッチが開発される


人間の脂肪には中性脂肪を貯蔵する白色脂肪組織と脂肪を燃やし熱を生み出す褐色脂肪組織があり、肥満の治療として白色脂肪組織を褐色脂肪組織に変える方法が模索されていますが、新たにマイクロニードルを接着したパッチを貼ることで、脂肪の変換が行える方法が開発されました。

Locally Induced Adipose Tissue Browning by Microneedle Patch for Obesity Treatment - ACS Nano (ACS Publications)
http://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsnano.7b04348

A microneedle skin patch could help melt fat right off of us
https://www.digitaltrends.com/cool-tech/microneedle-skin-patch/

脂肪を溶かすパッチの仕組みは以下のムービーから見ることができます。

A Skin Patch That Can Melt Fat - YouTube


これがコロンビア大学とノースカロライナ大学の研究者によって新たに開発されたパッチ。


目には見えないサイズのマイクロニードルがびっしりと接着されています。なお、パッチを肌につけても、痛みは感じないとのこと。


人間の脂肪は白色脂肪組織褐色脂肪組織の2つに分けられ、白色脂肪組織は余剰な脂肪を大きな球の中で蓄積しますが、褐色脂肪組織は小さな球やミトコンドリアの中に貯蓄し、脂肪を燃焼して熱を生み出す役目を果たします。多くの研究者らが肥満治療のため白色脂肪組織を褐色脂肪組織に変換する方法を模索しており、今回開発されたパッチも、そんな変換方法の1つです。


肌にパッチを貼ると、皮膚から吸収された薬剤はナノ粒子として目標とする部位にだけ届けられます。


薬が白色脂肪組織に届くと……


褐色脂肪組織に変化。


褐色脂肪組織の多くは新生児に豊富に見られます。脂肪を燃焼して熱を生み出すことで、褐色細胞は新生児が熱を保つための機能を果たしているわけです。


実験では、マウスにパッチを貼ったところ、2週間で脂肪組織が20%縮小したとのこと。


また、血中のグルコースレベルも低下したとのことです。


研究を行ったZhen Gu准教授は「我々の研究グループは、これまでにもインスリンやグルカゴン、PD-1を適用したマイクロニードル付きパッチを開発してきました。そんななか、ある日妻が『肥満を防ぐためのパッチはどう?』と声をかけてきたのです。Li Qiang教授も同様の提案をしてくれたので、我々は一緒に取り掛かることにしました」と語っています。2017年時点でも白色脂肪組織を褐色脂肪組織に変化させることを促進する薬は存在しますが、それらは全て錠剤や注射器によるもの。また、これらの方法を用いると、腹痛、体重増加、骨折などの副作用を引き起こす可能性がありますが、新たに開発されたパッチは脂肪組織にダイレクトに薬を運ぶので、これらの問題を緩和するとのことです。

・関連記事
「うんち」の中のバクテリアが体脂肪と関係していることが明らかに - GIGAZINE

体の脂肪燃焼レベルを息を吹き込むだけで測定できる機器「Levl」が登場 - GIGAZINE

脂肪がダイエットの大敵というのは大いなる誤解でむしろ健康に良い - GIGAZINE

肥満に腸内バクテリアが関係しているメカニズムが解明される - GIGAZINE

太っている人の方が長生きする「肥満パラドックス」が本当に意味すること - GIGAZINE

ダイエットの鍵となる「代謝を上げる」とは実際には何を意味するのか? - GIGAZINE

846

in サイエンス,   動画, Posted by logq_fa