レビュー

ただひたすら井戸の底に落ちていくだけがいつの間にか快感に変わっているゲーム「Downwell」レビュー


果てしなく続く井戸をひたすら落ちながら敵を倒したり、仕掛けをクリアしたりして、井戸の底を目指していくゲームが「Downwell」です。2015年10月にSteam版とiOS版がリリースされ、App Storeの2015年ゲーム部門で10位に選出。2016年1月にはAndroid版がリリースされ、こちらもGoogle Playの2016年ベストインディーズゲームに選ばれているので、実際にプレイしてみました。

Downwell
http://downwellgame.com/

Steam :Downwell
http://store.steampowered.com/app/360740

Downwellを App Store で
https://itunes.apple.com/jp/app/downwell/id1032708262

Downwell - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devolver.downwell

Downwell | ソフトウェアカタログ | プレイステーション オフィシャルサイト
http://www.jp.playstation.com/software/title/up3643pcse00873_00jpvita0000000001.html

Downwellがどのようなゲームかは以下のムービーから確認できます。キャラクターやオブジェクトがちょっとざらざらした感じでグラフィック設定をミスっているのではないかというような見た目ですが、ファミコン時代のゲームを思わせるようなレトロなグラフィックも売りの1つなので、これで正解。

スマートフォン向けゲーム「Downwell」をプレイしてみました - YouTube


今回はAndroid版のとiOS版のDownwellをプレイしてみました。iOS版は税込360円で、Android版は税込120円。ゲームが始まると「スタイル」を選びます。ゲーム開始時は「いつものスタイル」しか選べません。


Downwellのルールは、ただひたすら井戸の底を目指すだけで超絶シンプル。画面左下にあるキーで左右に移動、画面右下にあるボタンでジャンプ&ショットとなっていて、操作も簡単です。


ジャンプしながら画面右下にあるボタンを押すと、ショットを撃つことが可能。


移動・ジャンプ・ショットの3つを駆使して、ひたすら下に向かって進んでいけばOKです。


プレイヤーの行く手を阻む敵も登場します。画面内に映っているカメやクラゲなど少し白っぽい敵はジャンプして踏むだけで死んでくれますが……


画面のカタツムリのように体が真っ赤な敵は、踏むとプレイヤーがダメージを受けるので注意が必要。赤い敵はショットで倒します。


敵に当たると画面左上に表示されている体力が「-1」されます。体力がゼロになるとゲームオーバーです。


敵を倒すのに使うショットはステージに落ちているアイテムを拾うと変更されます。3発を3方向に発射する「TRIPLE」や……


敵や障害物を貫通する「LASER」など、全部で7種類のショットが用意されています。強力なショットを入手すれば敵をドンドン倒せるのですが……


ショットは電池が必要になるので注意が必要。画面上部に「8」と表示され、右側にメーターが表示されています。これが使用している武器の残り電池を表しており、撃てば撃つだけ電池の量が少なくなり、ゼロになると発射不可能に。ただし、どこか地面に着地すれば電池は回復します。なお、多数ある武器にはそれぞれ電池の消費量が設定されており、例えば初期装備の「MACHINGUN」は「1」。これは1発撃つと、電池が1つなくなるということ。つまり、やたらめったらに撃ちまくるのは効果的ではないということになり、そのあたりを考えながらプレイする必要があります。


体力がゼロになる前に、井戸の一番底に到達できればステージクリアです。


ステージをクリアすると、ご褒美にアップグレードを1つもらえます。アップグレードはランダムなのですが、初めてプレイするときは、敵の死体を食べると回復する「フォークとナイフ」や、体力を4つ回復する「リンゴ」など、回復関連のアップグレードがオススメ。なぜかというと、Downwellは体力がゼロになるとゲームオーバーになり、続きから再プレイできない仕様になっているから。ゲームを進めるのに最も重要になってくるのが体力なので、回復関連のアップグレードが出たら、なるべく入手しておくのがベターです。


なお、敵を倒したり障害物を壊したりすると赤いジェムを入手できます。入手したジェムは画面右上に加算されていき、ゲーム内にランダムで登場するショップでアイテムを購入することができます。


1つのエリアにつき3つのステージが用意されていて、ステージが進むと難度も難しくなっていきます。以下のプレイムービーは、ステージ2-1のプレイを確認できますが、ここまでくるのもなかなか一苦労です。

スマートフォン向けゲーム「Downwell」でステージ2-1に挑戦 - YouTube


以下のムービーは3-1のプレイを収めています。3-1に到達するのはなかなか難しく、プレイしていた編集部員は「奇跡だ」と興奮していました。

スマートフォン向け「Downwell」でステージ3-1に挑戦 - YouTube


なお、エリアは全部で4つあり、全てのステージをクリアするとボスステージに挑戦できるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホ初のマリオ「スーパーマリオ ラン(SUPER MARIO RUN)」がiOSで配信開始、実際にプレイしてみた - GIGAZINE

ポピュラス・フェイブル・ダンジョンキーパーなどを作った伝説のゲームデザイナーによる最新ゲーム「The Trail」 - GIGAZINE

ひたすら上へ上へと上り詰める中毒性たっぷりのピンボールゲーム「PinOut」をプレイしてみました - GIGAZINE

底なし沼のように奥深いゲーム性が禁断症状レベルの地下鉄路線構築パズルゲーム「Mini Metro」モバイル版をプレイしてみました - GIGAZINE

カードをめくるだけの簡単操作で1000年以上の長きにわたる物語を体験する「Reigns」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.