ハードウェア

サムスンのGalaxy Note 7がまたも爆発して6歳の男児が手にけが、日系航空会社も使用自粛を要請する事態へ


相次ぐ爆発・発火事故のために発売済の全ての国でリコールが実施されているSamsungの「Galaxy Note 7」で、今度は爆発事故で6歳の男の子が手にけがを負ったことが明らかになりました。

Recalled Samsung phone explodes in little boy’s hands | New York Post
http://nypost.com/2016/09/11/recalled-samsung-phone-explodes-in-little-boys-hands/

Galaxy Note 7 explodes in New York, injures 6-year-old boy | Android Central
http://www.androidcentral.com/galaxy-note-7-explodes-new-york-injures-6-year-old-boy

事故は、2016年9月10日(土)の夜にニューヨーク郊外のブルックリンの一般住宅で発生しました。被害にあったのは6歳の男の子で、Galaxy Note 7を手に持って映画を見ていたところ、端末が突如爆発して炎を上げたとのこと。目撃した祖母のルイスさんはNew York Postに対して「あの子がスマートフォンで映画を見ていたら、バッテリーが爆発しました。我が家の警報が作動するほどの事故でした」と状況を語っています。

爆発後に家族は911(日本の110番+119番に相当)に通報。男の子は自宅から数ブロック離れたところにあるダウンステート・メディカルセンターに搬送され、やけどの処置を受けた後に自宅に戻ることができたそうです。

ルイスさんによると、男の子は母親に泣きついて、恐怖のあまりに他の端末を見ることも嫌がっているとのこと。家族はSamsungとコンタクトをとって話し合いを行っていますが、詳細についてのコメントを避けています。

◆Galaxy Note 7をめぐる事故と各国での対応
SamsungのGalaxy Note 7は日本では2016年9月12日現在未発売ですが、アメリカでは8月2日、別の一部の国では8月19日に発売済みの端末。発売直後からバッテリーの爆発・発火事故が相次いでおり、先日も車内に置かれていた端末が爆発してSUVが全焼する事故が起こっています。

サムスンのGalaxyNote7が爆発してジープが炎上、FAAが飛行機内への持ち込み時には電源オフを勧告 - GIGAZINE


事態を受け、販売元のサムスン電子は9月2日にリコールを発表してユーザーに即時の使用停止と交換を行うよう勧告していました。

アメリカの航空当局であるFAA(連邦航空局)は9月8日に声明を発表し、「Galaxy Note 7」と端末名を明示した上で飛行中の機内で電源を入れないこと、また充電も行わないことを勧告しています。


Samsungお膝元の韓国でも、9月10日に一般ユーザーに対して使用中止が勧告されています。

サムスン電子、韓国の消費者にギャラクシーノート7の使用中止を勧告 | Joongang Ilbo | 中央日報

サムスン電子は10日、ホームページを通じ、「ギャラクシーノート7を使う韓国消費者のみなさまに使用を中止し、お近くのサムスンサービスセンターを訪問して措置を受けることを勧告いたします」と明らかにした。


日本でも、国土交通省が9月9日に国内航空各社に対して要請を発表し、Galaxy Note 7を名指しした上で機内での電源ONなどの行為を避けるよう求めています。

報道発表資料:サムスン電子社製ギャラクシーノート7の航空機への持ち込みについて - 国土交通省

サムスン電子社における安全対策が講じられるまでの当面の間、「ギャラクシーノート7」の航空機への持ち込みに関して、以下の事項を旅客に対し周知するよう、本邦航空会社あて要請しましたのでお知らせします。

  [1] 機内では電源を切ること
  [2] 機内では充電を行わないこと
  [3] 受託手荷物として預け入れないこと


JAL(日本航空)は同日、「サムスン電子社製『ギャラクシーノート7』の取り扱いについて」というリリースで、機内での電源ONや手荷物としての預け入れを拒否する内容を発表しています。

JAL - サムスン電子社製「ギャラクシーノート7」の取り扱いについて

取り扱い内容

機内では充電も含めご使用いただけませんので、電源をお切りください。
また、機内にお持ち込みいただけますが、手荷物として貨物室にはお預かりできません。

皆さまの安全運航へのご理解、ご協力をお願いいたします。


Galaxy Note 7は事前のレビューでも評判が良かっただけに、今回の一連の事件は販売における大きな痛手となりそう。日本ではNTTドコモから発売されるという噂もありますが、いつ・どのタイミングで実施されることになるのか気になるところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホのリチウムイオンバッテリーが爆発事故を起こすワケとその回避策とは? - GIGAZINE

サムスンのGalaxyNote7が爆発してジープが炎上、FAAが飛行機内への持ち込み時には電源オフを勧告 - GIGAZINE

リコールが発表されたサムスンの「Galaxy Note7」で再び爆発事例が見つかる - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.