乗り物

「Apple Car」の開発についてクックCEOが肯定とも受け取れる微妙な表現で回答

By Automobile Italia

Appleが開発していると噂されている電気自動車(EV)通称「Apple Car」の開発について、ティム・クックCEOがこれまでとは異なり、一歩も二歩も踏み込んだ発言をしたことが明らかになりました。

Tim Cook on Apple Car: 'Christmas Eve for a while' - Business Insider
http://www.businessinsider.com/tim-cook-on-apple-car-its-going-to-be-christmas-eve-for-a-while-2016-2

2016年2月26日にアメリカ・クパチーノで行われたAppleの株主総会で、「Apple Carを開発しているのか?」という株主からの質問に対してクックCEOは、「子どもの頃のクリスマス・イブを覚えていますか?とてもワクワクしたものですが、階段の下で何が起こっているのかを知ることはありませんでした。しばらくの間、クリスマス・イブのようなものになります」と回答しました。「階段の下で何が起こっていること」=「Apple Carの開発」で「ワクワクするもの」=「Apple Car」ということで、Apple Carの開発を肯定したとも受け取れる内容になっています。

By Mike Deerkoski


過去にも株主からのApple Carについての質問は出されており、例えば2015年には株主からの「(EV開発のためであれば)テスラモーターズを買収するべきではないか?」という意見に対してクックCEOは、「テスラとは特別な関係を持っていません。AppleはテスラにCarPlayを使ってもらいたいです」と切り返しています。この回答によってApple Carに関する質問を打ち切ったことと比べると、今回のクックCEOの発言は、Apple Carの開発を否定することなく半ば肯定とも受け取れる表現であることから、AppleによるEV開発が現実味を帯びているとも言えそうです。

テスラのイーロン・マスクCEOによれば、「Appleが自動車開発に乗り出していることはシリコンバレーでは公然の秘密」とのこと。Apple社内では「Project Titan」の名前で進められているプロジェクトがApple Carの開発で、すでにプロジェクトに関わる数は600人規模であると推測されています。なお、Project Titanを主導しているとされるSteve Zadesky氏がAppleを離れた事が明らかになるなど、プロジェクトの行方がどうなるのかは依然としてベールに包まれています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleの電気自動車は2019年リリースで、Googleとは異なり自動運転カーではない可能性 - GIGAZINE

Appleが地図強化のためにGPS企業を買収したことが判明、その壮大な目的とは? - GIGAZINE

Appleが人工知能のエキスパートをNVIDIAから引き抜き、全自動運転カー開発を本格化か - GIGAZINE

Appleの自動車発売時期を業界関係者が激白、勝算はあるのか? - GIGAZINE

Appleが自動車の開発用に広大な走行試験場と交渉していることが判明、走行開始は近い可能性も - GIGAZINE

Appleが自動車用電池メーカーから人材を引き抜いたとして裁判沙汰に、EV開発は確実か - GIGAZINE

Appleのティム・クックCEOによる「自動車業界は大きな変化の準備中だ」などのイベント発言まとめ - GIGAZINE

「スティーブ・ジョブズも自動車開発に関心を寄せていた」と関係者が証言 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.