容量削減を発表したOneDriveがボーナス配布、無料で15GBを使い続けるための方法を発表


2015年11月、Microsoftが提供しているオンラインストレージサービス・OneDriveは有料プランでの容量無制限や各種プランで使用できるオンラインストレージの容量を削減することを発表しました。これに対してユーザー側からは多くの非難の声があがっていたのですが、Microsoftは新しくOneDriveユーザーのために特別なボーナスを用意し、非難の声が寄せられていた「無料で使えるストレージを15GBから5GBへ削減」と「15GB分のカメラロールストレージ特典の削除」を回避できる方法を発表しています。

Give us back our storage – Feature Suggestions for Microsoft OneDrive
https://onedrive.uservoice.com/forums/262982-onedrive/suggestions/10524099-give-us-back-our-storage

OneDriveには運営側がユーザーからの声を開発に活かすためのコミュニティ「OneDrive UserVoice」があります。このコミュニティの中で、「Ian S.」というユーザーがOneDriveの容量削減計画について「私は長い間、OneDriveのファンでした。しかし、今回のアップグレードが行われてこれまで使用できたストレージの容量が減少してしまえば、もはやこのサービスをオススメすることはできません。私を含めた大多数のユーザーは、実際には正常な量しかデータを保存していなかったと思います。なぜ我々が一部の上限を超えてデータを保存するユーザーの代価を払わなければならないのですか?」と、ごくごく普通にOneDriveを使用してきたユーザーにとって容量無制限の廃止と無料ストレージの容量削減は不当なものだと主張。これは多くのユーザーの賛同を得ました。


このコメントに返答したのはMicrosoftのプログラムマネージャーを務めるダグラス・ピアースさん。ピアースさんによると、2015年11月にOneDriveの容量削減を発表してからというもの、MicrosoftにはWindowsおよびOneDriveのファンから多くの失望の声が寄せられている、とのこと。もちろんMicrosoftはそういった非難の声がユーザーからあがることを覚悟していたそうですが、「本当に申し訳なく思っている」と何度も謝罪の言葉を記しています。

Microsoftは容量削減後もデータの移行がスムーズに行えるように、超過分のデータに最低でも12か月はアクセスできるようにすることを発表していました。また、無料ユーザーのうち5GB以上を使用しているユーザーには無料で1年分のOffice 365 Personalサービスが使用できる権利が与えられることとなっており、つまりは1年間無料でOneDrive上で1TBの容量が使えるような対応を取ることがアナウンスされていました。

それでも多くの批判的な反応を受けたということで、ピアーズさんは「OneDriveの容量削減計画の全体を変更することはない」と前置きしつつ、2016年初頭から行われる予定であった「無料で使えるストレージを15GBから5GBへ削減」と「15GB分のカメラロールストレージ特典の削除」の両方を回避し、無料ユーザーでも15GBのストレージを使い続けられる特典を用意したことを発表しています。

この特典は以下のページにアクセスして「Keep your free storage」をクリックして認証を済ませれば受け取り可能で、これで2016年初頭の容量削減が行われてからも、無料で15GBのストレージを使い続けられるようになります。もちろん過去のプロモーションで提供された追加ストレージ分が減少することもありません。また、「15GB分のカメラロールストレージ特典」を有するユーザーの場合、容量削減後も「15GB分のカメラロールストレージ特典」+15GBのストレージを使い続けられるとのことです。

OneDrive


なお、上記ページは2016年1月31日まで有効とのことです。

・関連記事
1人で75TBもアップロードしたユーザーのせいでOneDriveの容量無制限が廃止、無料で使える容量も減少に - GIGAZINE

Microsoftが「OneDrive」の保存容量をなんと「無制限」にアップグレード - GIGAZINE

無料で誰でも15GBに「OneDrive」がパワーアップ増量、Googleドライブと同レベルに有料版も値下げ - GIGAZINE

無料でOneDriveに100GBを追加できるキャンペーンをMicrosoftが実施中 - GIGAZINE

Microsoftがストレージサービス「SkyDrive」を「OneDrive」に名称変更 - GIGAZINE

368

in ネットサービス, Posted by logu_ii