「超時空要塞マクロス」に出てくるバルキリーのラジコンを手作りして初飛行に成功


アニメ「マクロス」シリーズにはファイター(戦闘機)形態・バトロイド(人型ロボット)形態・ガウォーク(2つの中間)形態と変形することが可能な戦闘機「バルキリー」が登場して、ストーリー上で出てくる三角関係と合わせて、シリーズの特徴となっています。その中で、1982年から1983年にかけて放送された「超時空要塞マクロス」に登場した戦闘機「VF-1 バルキリー」のラジコンを1から生み出し、飛行を成功させた人が現れました。

製作の過程はブログ「ラジコンEDF機の製作の日記」で公開されています。

VF-1A Valkyrie(バルキリー)EDF 50mmツイン - ラジコンEDF機の製作の日記
http://katagishi.e-rc.jp/plane?pc=139858GLLC70GrWBvbl

プロジェクトが始動したのは2015年7月の末ごろのようです。

VF-1A Valkyrie プロジェクト始動 - 製作記事 - VF-1A Valkyrie(バルキリー)EDF 50mmツイン - 私の飛行機 - ラジコンEDF機の製作の日記
http://katagishi.e-rc.jp/plane?bc=303e9eYlcuKK2


製作からフライトまでは以下の約4分のムービーにまとめられています。

VF-1 Valkyrie(バルキリー)を飛ばしたい、感動の初フライト - YouTube


プロジェクトのきっかけはとてもシンプルで「バルキリーを飛ばしたい」という思いから始まっています。


設定資料集やプラモデルなどを参考に図面を引くところからスタート。


すべてを自分たちで手作りするフルスクラッチ。


じわじわと形になっていきます。


途中で試験機を製作し、重心位置を確認。この重心位置は、最後まで難題として残ります。


完成品はロイ・フォッカー機とバーミリオン小隊機の2機。


車輪の出し入れやフラップなどの動きをチェック。


そして実際に飛ばそうとしてみるわけですが、上がる気配がなかったり、離陸時の機首上げタイミングが読めなかったり、いざ上がってもコントロールが難しかったり……。


しかし、試行錯誤の末、とうとう離陸に成功。


飛び上がることができても、最後の着陸ができなければ意味がありませんが……


無事、着陸も成功しました。


バーミリオン小隊機に続き、ロイ・フォッカー機の飛行も成功。


機体はこのあと、原作者(メカデザインを担当した河森正治氏?)と対面予定だとのことです。

・関連記事
マクロスの河森監督も注目する戦闘機バルキリーVF-1Sのエッチングモデルキット - GIGAZINE

多彩な変形が楽しめるギミック感満載の「1/60 完全変形VF-19改 ファイヤーバルキリー」、「完全変形SDF-1マクロス」も - GIGAZINE

要塞艦型から強襲型に完全変形し、マクロス・アタックもできる「DX超合金 マクロス・クォーター」 - GIGAZINE

ハリウッド版「マクロス」の映画化権をソニーが獲得、実写映画化に向けて始動 - GIGAZINE

499

in 動画, Posted by logc_nt