Googleによる大学図書館の書籍スキャンは合法との上訴審判決が下る

By Margrit

Googleが提供するGoogle booksは、出版されている書籍をスキャンしてデータ化することでオンラインで本文を検索できるようにする試みで、著作者を中心とする団体(Authors Guild)から著作権法違反であるとして、複数の訴えを起こされています。今回、Googleによる大学図書館の蔵書のスキャン行為を巡って著作権侵害を理由に訴訟を起こし一審で敗訴したAuthors Guildが判決を不服として上訴した上級審で、あらためて「Googleのスキャン行為は合法」との判断が下されました。

(PDF)Microsoft Word - 12-4547_opn - guild.pdf
http://cdn.arstechnica.net/wp-content/uploads/2014/06/guild.pdf

Google’s university book scanning can move ahead without authors’ OK | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2014/06/googles-university-book-scanning-project-wins-fair-use-protections/

アメリカの大学図書館を中心に結成されたHathiTrust(ハーティトラスト)は、蔵書をスキャン・デジタル化してアーカイブすることで、書籍を半永久的に保存し広く世界中の人にデジタル化した資料を閲覧できるようにすることを目的とするプロジェクトです。2008年10月にカリフォルニア大学を中心として創設されたHathiTrustは、高尚な理念に共感する多くの大学や図書館の賛同を得て活動の範囲を広げており、慶応義塾大学が資料を提供するなど書籍をアーカイブ化する流れが世界的に広がっています。


HathiTrustと同じく書籍をデータ化して検索できるようにしようとするGoogleは、Google booksプロジェクトでデジタル化した書籍データをHathiTrustに提供するなど、HathiTrustの書籍スキャニングに協力しています。

GoogleやHathiTrustによる著作者に無断で書籍をデータ化することを快く思わない著作者団体Authors Guildは、書籍をスキャンするGoogleを訴えるだけでなく、Googleのスキャンした約700万冊の書籍データをHathiTrusに登録したことが著作権侵害に当たるとして、カリフォルニア大学・コーネル大学・ミシガン大学・ウィスコンシン大学・インディアナ大学の大学図書館を訴えたところ、2012年10月に、「HathiTrustによる書籍のアーカイブはフェアユースにあたり著作権侵害ではない」とする判決が下されました。

この判決を受けてAuthors Guildは、連邦巡回区控訴裁判所に判決内容を不服として上訴し審理が続行していましたが、2014年6月10日に、HathiTrustによる書籍のアーカイブはフェアユースにあたり著作権侵害ではないとする連邦地方裁判所の判決を支持し、Authors Guildの訴えは退けられました。


判決では、HathiTrustによる書籍のデータ化ならびに公開は、書籍の全文を複製するものであることには間違いないものの、「HathiTrustの書籍をデータ化することで後世にわたって書籍を保存するという目的の正当性ならびに災害による消失のリスクを軽減するために合理的であることを考えると、著作権法によって認められる著作者保護の目的に照らしても過剰または不合理な行為と認める理由はまったくない」として、フェアユースに該当し違法ではないとの判断がなされています。

・関連記事
Googleが本をスキャンする行為は合法との判決が下る - GIGAZINE

著作権による保護は本を普及させず逆に「消失」させている - GIGAZINE

Googleの海賊版対策に効果がなかったと全米レコード協会のレポートで判明 - GIGAZINE

「映画1本を違法アップロードした」という著作権侵害に対して罰金6700万円の有罪判決 - GIGAZINE

「Windows 8販売は著作権保護に逆効果」と中国高官がXPのサポート継続を要求 - GIGAZINE

放送局のコンテンツが自社の著作権を侵害しているとソフトウェアが誤認識 - GIGAZINE

インターネット上のあらゆる情報を記録・保存するインターネット・アーカイブは本当はどんな団体なのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to