×
取材

赤外線暗視+レーザー測距+GPS+コンパスを備えた望遠鏡「NYXUS BIRD」実物フォトレビュー


赤外線、7倍望遠鏡、距離測定、コンパス、GPSなどを備えた軍事用の多機能望遠鏡がJENOPTIK社の「NYXUS BIRD」です。今回はその実物が「テロ対策特殊装備展(SEECAT'12)」の理経ブース内で展示されていたので、実物を写真に納めてきました。

本体サイズは縦180×幅150×厚さ70mmでバッテリー込みの重量は約1.5kg。リチウムイオン電池を内蔵し約8時間の連続使用が可能です。


軍関係者の使用を想定した製品なので、割と無骨なデザイン。


前から見ると左側にセンサーが、右側にはレンズが備えられていることがわかります。


側面。


底面には三脚などに取り付けるためのネジ穴付き。


上部にあるボタンを押すことで赤外線モードや距離測定モードなどを切り替え可能。


中央にあるファインダーをのぞいて使用します。


実際に使用している様子は以下の通り。


バードウォッチングなどで使用する一般的な望遠鏡のように対象を約7倍に拡大して見ることができます。


レーザーを照射して、10~5000mの距離なら誤差2m以内で対象との距離を測定。さらに、本体に内蔵したGPSとコンパスを使用して対象の正確な座標を割り出して表示することもできます。


赤外線を使用することで全く明かりがない環境でも周囲の状況を観察できるようにしたサーマルイメージモードは以下の通り。倍率は2倍で解像度は640×480ドットとなっており、3000m離れた場所から車両などを認識可能。


なお、正確な発売時期や価格は未定ですが日本でも一般向け販売を目指して鋭意調整中とのことなので、暗闇で不審者を探すといった用途のほかにも、夜行性動物などを観察するためなどにも利用できそうです。

・関連記事
カッターナイフで切りつけても無傷の「防刃服」フォト&ムービーレビュー - GIGAZINE

衝撃波を捉えて狙撃手の位置を知らせる「PEARL(小火器用射撃位置探知装置)」実機フォトレビュー - GIGAZINE

BMW7に採用された「ナイトビジョン」機能のムービー - GIGAZINE

世界最小サイズでフルHD動画と赤外線暗視撮影に対応した「CHOBi CAM Pro2 with Night Vision」 - GIGAZINE

軍用サーマルビジョンはここまではっきり暗闇を見通すことができる - GIGAZINE

in レビュー,   取材,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log