ソニー、「Xperia X10(SO-01B)」をAndroid 2.3へアップデートすることを正式決定


Android 1.6を採用したシングルタッチのスマートフォンとしてリリースされたにもかかわらず、昨年11月にはAndroid 2.1へのアップデートを果たし、さらには悲願のマルチタッチ対応まで果たした「Xperia X10(日本向けモデルはSO-01B)」ですが、なんと最新のAndroid 2.3にアップデートされることが明らかになりました。

詳細は以下から。
Update on Xperia X10 | Product Launch Blog

ソニーグループの携帯電話メーカー、ソニー・エリクソンの公式ブログによると、同社は従来「Xperia X10」について、Android 2.2以降へのアップデートを行わないとしていましたが、Android 2.3(Gingerbread)へのアップデートを行うことを正式決定したそうです。アップデート時期は2011年第2四半期~第3四半期前期を予定。

今回のアップデートは「Xperia arc」や「Xperia PLAY」「Xperia neo」などのAndroid 2.3スマートフォンを開発する過程の中で実現したもので、まずはグローバルモデルの「Xperia X10」のアップデートを最優先にして開発を行うとのこと。

なお、各国のキャリア向けにカスタマイズされたモデルがアップデートできるかどうかについては、今度さらなる情報を提供するとしています。

Android 2.3へアップデートするにあたって、従来と使い勝手が異なる主な点は以下の通り。

・カメラのインターフェースがAndroid標準のものとなり、顔認識機能や笑顔認識機能が失われる
・DRM(デジタル著作権管理)キーがアップデートによって失われる
・Xperia X10向けに提供されていたデータのバックアップ・復元ソフトが利用できなくなる
・音楽や動画、写真といったコンテンツをシームレスに楽しめる「Mediascape」が「Xperia arc」などに搭載されているメディアプレーヤーと置き換えられる

このほかにも一度アップデートを行うとダウングレードはできなくなるほか、アップデートの過程でメモリカードではなくXperia本体に保存していたデータが失われるなど、いくつかの注意点があるものの、Android 2.3へアップデートすることで得られる大きなメリットはパフォーマンスの向上やFlashコンテンツへの正式対応という点。

発売されてから半年も経たないうちにアップデートの打ち切りが告知され、Android 1.6のまま利用せざるを得なくなった「IS01」や「LYNX(SH-10B)」とは対称的に、積極的にアップデートが提供されている感のある「Xperia X10」ですが、日本向けモデルのアップデートについても期待が高まりそうです。

・つづき
Xperia(SO-01B)はAndroid 2.3アップデート無しに、ドコモ広報部が回答 - GIGAZINE


Xperia(SO-01B)のAndroid 2.3アップデート見送りの理由が明らかに - GIGAZINE

・関連記事
新型Xperia「Xperia arc(SO-01C)」ムービーレビュー、ソニーの技術でより高機能化 - GIGAZINE

ピンクも加わった新型Xperia「Xperia arc(SO-01C)」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

NTTドコモがさらに「新型XPERIA」や「新型MEDIAS」を今後発売へ、ワンセグ対応や防水モデルも - GIGAZINE

ソニー、「Xperia PLAY」に続いて「Xperia neo」と「Xperia pro」も発売決定 - GIGAZINE

ソニーが「Xperia PLAY」を正式発表、その全容がようやく明らかに - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log