試食

天下一品富田林店で時間無制限食べ放題のバイキングを食べてきました


天下一品と言えばこってり系のラーメンで有名な全国チェーンですが、富田林店は天下一品チェーンの中では珍しいバイキングメニューがあるとのことなので、早速行ってきました。

あのこってりとしたラーメンが食べ放題になったとしてもどれだけ食べられるか自信がありませんが、天下一品のバイキングというのは一体どんなものなのでしょうか。

ということで、実際に行ってきた天下一品富田林店の状況は以下から。天下一品 富田林店

大きな地図で見る

富田林店到着。営業時間は昼11時から夜の25時(深夜1時)までですが、ランチとディナーの間の15時~18時はいったんお店が閉まるようです。バイキングは営業時間中ずっとやっているとのこと。


「ラーメンバイキング」の看板が出ています。


こちらが富田林店の外観。


かなり年季の入ったブランド紹介。


中に入ると食券の券売機がありました。どうやら5種類のラーメンがあり、バイキングはサイドメニューとなっているようです。


「オススメ!おトクです」と書かれた一番上の列がラーメン+バイキングのセット。


フリードリンクも100円という大盤振る舞い。


お店の一番奥の席に着席。店内はかなり明るい感じ。入り口からすぐのところにバイキングの料理が置いてあります。


白熱電球にラーメンのどんぶりがかぶさっています。席の上の照明はみんなこのタイプ。


「花の慶次」が置いてあります。1巻と6巻が抜けています。


さっそく料理を取りに行きましょう。入り口すぐの場所にバイキングの料理が置かれています。


こちらはおかずのメニュー。


から揚げ。ほかの料理に比べてレベルが高いようで、集中して狙われています。ちなみに天下一品総本店の「からあげ(骨無し)」は、4個で390円(税込)なので、このバイキングがいかにお得かということが分かります。


から揚げはすぐに補充されました。補充されたばかりのから揚げはアツアツな上にジューシーなので、遭遇できると非常にラッキー。


肉団子。甘めのソースです。


チンジャオロースーはピーマンたっぷり。


揚げ餃子は皮がカリカリ。


春雨とキャベツのいため物。しょうゆ味。


コロッケもなかなかの売れ行き。中身はオーソドックスなジャガイモのコロッケです。


コロッケ用のソースとケチャップが置いてあります。


鶏のなんこつから揚げ。


カレーは具材から狙われます。


時間帯によってはこんな状態に……。欲しいものは無くなる前に取っておきましょう。


中華スープもあります。


スープはたまごたっぷり。


シューマイも置いてありました。バリエーションが実に豊富です。


こちらの枠はキムチやキャベツなどのつけ合わせ。


青菜のあえ物。


たまねぎ。ちょっと辛みが残っています。


コーンサラダ。


キムチ。


キャベツ。


レタス。


デザート用にみかんが置いてあります。


時間帯が変わると商品も入れ替わるようです。こちらはオイキムチ。唐辛子入りではないので真っ赤にはなっていませんが、キムチの味はしっかりついています。


トマト


れんこん。これはオレンジジュースに漬けてあるのか、オレンジの味がします。意外とさっぱりしていて、相性は悪くない感じ。


おでんもあります。


おでんは4種類。こちらはたまご。


大根。ちょっと煮詰まりすぎなものと、中まで煮えていないものが混在していて、当たりを引けるかは運次第。


ちくわ。コンビニのおでんに近い感じ。


こちらはごぼう天です。色が違って2種類入っているように見えますが、色が濃いものは煮詰まりすぎたごぼう天です。


ドリンクコーナー。当然ではありますがビールはフリードリンク対象外です。残念。


ミニッツメイド、ファンタ、Qooなどが並んでいます。


ライスとチャーハンが常備されています。


チャーハンは釜に入っているわりにパラパラ……ですが、けっこう油が濃いので、チャーハンばかり食べているとすぐにお腹がいっぱいになって、ほかのメニューが食べられなくなるかもしれません。


チャーハンとおかずを取ってきました。


肉団子は味が濃い目なので、あまり調子に乗って取りすぎてはいけません。


キムチはちょっと酸味の強い感じです。


チンジャオロースー。ご飯が欲しくなります。


から揚げはジューシーでなかなかおいしい感じ。カレー粉の風味が混ざっています。


カレーはわりと甘め。これもあまり取りすぎると、ほかのメニューが食べられなくなりそう。ミニカレーくらいにしておきましょう。


バイキングなだけに、おでんは煮込み時間に差が激しく、当たり外れが大きい気がします。こればかりは運次第。


そして「こってりラーメン」。せっかくなのでから揚げを乗せてみました。


具としっかり混ぜてみました。こってりしたスープが麺にからみつき、独特な食感です。


ラーメンと合わせて1,000円ほどでから揚げやカレーが食べ放題、しかもプラス100円でフリードリンクというのは破格のバイキングだと思われます。しかし時間によっては商品が無くなってしまうタイミングもあるので、開店後すぐの11時を狙うか、あるいはディナータイム開始の18時を狙うなど、できたての料理があるタイミングを見計らって行くのが重要かもしれません。

・関連記事
500円でギョーザ食べ放題、大阪王将阪急高槻店に行ってきました - GIGAZINE

全国で唯一ケンタッキーフライドチキンが食べ放題の「カーネルバフェ」に行ってきた - GIGAZINE

パンケーキが食べ放題、ロイヤルホストの「お好きなだけパンケーキ」でメープルシロップたっぷりのパンケーキを食べてきた - GIGAZINE

焼きたてのピザやできたてのパスタが食べ放題の「ピザハット・ナチュラル」突撃試食レビュー - GIGAZINE

カンガルー肉も食べ放題、京都ロイヤルホテルの「オーストラリアンディナーバイキング」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log