旬の茄子がトロトロの松屋「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を食べてきました


松屋が茄子の旬に合わせて9月26日(木)から「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を発売します。毎年この季節の定番メニューで、例年に続きの販売になっており、ちょっとガッツリ系のごはんが食べたかったのでさっそく松屋に食べに行ってきました。

豚と茄子の辛味噌炒め定食発売!|松屋フーズ
http://www.matsuyafoods.co.jp/2013/09/19/2364/

松屋に到着。


店頭でも新商品をアピール。店内に入ります。


食券機でメニューを選びます。


豚と茄子の辛味噌炒め定食(税込580円)を発見しさっそく注文。W定食の価格は税込880円です。


店内でも新商品が貼り出されていました。


待つこと5分ほどで豚と茄子の辛味噌炒め定食が到着。


豚と茄子の辛味噌炒めはこんな感じ。色も赤っぽくはなく、麻婆茄子とは全く別物。


タレの色に赤さはあまりなく、味噌の茶色。


茄子


焦げ付いた味噌が美味しそうな豚肉


たまねぎ


ゴマもふりかかっており食欲をそそります。まずは茄子から食べてみることに。


油を吸った甘味がありとろけるような茄子の柔らかさがかなりいい感じ。少し甘めに味付けられた味噌味に唐辛子の辛さがアクセントになっており、どんどん箸が進む味。辛味噌という商品名のわりには辛さは弱めでどちらかというと甘さが目立ちます。豚・ごはんと一緒に食べてみます。


茄子と豚の相性はもちろん抜群。少し焦げた味噌の味が食欲をかき立てます。こう言った定食系のメニューは味が濃い目になっていて、ごはんをかっこむようなスタイルが多いのですが、味も濃すぎることがなく、茄子の味が良く活かされていてグッド。


たまねぎもタレの味に潰されてしまうことがなく、素材本来の甘味が感じられます。


セットで野菜サラダが付いてきますがドレッシングで食べるだけでなく……


豚と茄子の辛味噌炒めの味で食べるのもアリ。


定食に付いてくる味噌汁もごはんを食べるのにうれしいところ。


完食。味が濃すぎることがなく、素材の味が活かされたメニューになっていました。豚と茄子の辛味噌炒め定食は期間限定の販売。家で作ると茄子のクタッとした感じを出すのが難しかったりするので専門のお店で食べることをオススメします。


なお松屋では9月26日(木)から10月3日(木)まで新米フェアをおこなっており、定食メニューを注文した人は大盛・特盛に無料で増量できます。松屋の定食はガッツリ系の味付けが多いので、この機会にごはんを増量して定食メニューでごはんをお腹一杯味わうのもいいかもしれません。

・関連記事
お湯をかけて30秒で完成するフリーズドライの親子丼&麻婆なす丼を作ってみた - GIGAZINE

牛めしに山形の郷土料理だしをぶっかけた松屋「生姜だし牛めし」試食レビュー - GIGAZINE

昔懐かしのカレーを再現したすき家の「旨ポークカレー」はちょっと割高 - GIGAZINE

甘辛く香ばしいタレが食欲をそそる吉野家「ロース豚丼十勝仕立て&ロース豚焼き定食」を食べてきました - GIGAZINE

なか卯の夏の新メニュー「冷やし担々うどん&衣笠丼」試食レビュー - GIGAZINE

めざしのベルトやナスの靴など、食材が美しいアクセサリーやバッグに変身している写真集「a matter of taste」 - GIGAZINE

27

in 試食, Posted by darkhorse_log