ついに「Windows XP」を搭載したパソコンが販売終了へ


2001年に発売されたマイクロソフトのOS「Windows XP」を搭載したパソコンが販売終了となることが明らかになりました。

ユーザーからの要望を受けて販売期間が延長され、さらに2009年に打ち切られる予定であったサポート期間も2014年にまで延長されるなど、高い人気を誇った同OSですが、販売が終了することで現在の最新OS「Windows 7」などへの移行がより一層促進されることになります。

詳細は以下から。
Windows XP Rides Off into the Sunset - Direct2Dell - Direct2Dell - Dell Community

世界シェア3位の大手パソコンメーカー「DELL」の公式ページによると、同社は2010年10月22日以降、「Windows XP Home Edition」および「Windows XP Professional」を搭載したパソコンを出荷できなくなるそうです。

これはマイクロソフトが設けたガイドラインによるもので、今までパソコン購入時にオプションとして選択できたWindows XPのプリインストールは9月中に打ち切られるとのこと。なお、DELLは2012年12月までWindows XP向けのドライバサポートを続けるつもりであるとしています。

なお、10月22日以降はWindows XPをプリインストールしたパソコンの販売は行われませんが、Windows 7に付属しているWindows XPへのダウングレード権は利用できるほか、「Windows 7 Professional」「Windows 7 Ultimate」および「Windows 7 Enterprise Edition」に付属している「Windows XPモード」によって、Windows 7へ移行しても古いアプリケーションを利用できるとされています。

マイクロソフトによる「Windows XPモード」の説明。仮想的にWindows XP環境を構築することで古いアプリケーションを利用できるというものです。
Windows XP モード - Windows 7 の機能 - Microsoft Windows


Windows XPをプリインストールしたパソコンが販売終了となることで、最も気になるのが処理性能に制限が設けられている代わりにWindows XPをプリインストールしているネットブックですが、現状でネットブックにWindows 7環境で快適に利用できる性能が備わっているとは言いがたいことを考えると、今後制限が緩和される可能性に期待したいところです。

・関連記事
Windows採用のタブレット端末「MasterPad」のプロトタイプが登場、スペック充実の薄型モデルに - GIGAZINE

低迷するネットブック市場でHPが猛攻勢を展開へ、一部メーカーは撤退する方針 - GIGAZINE

全ファイル・設定・アプリなどを消さずにWindowsのみ再インストールするWindows8の新機能「リセット」 - GIGAZINE

マイクロソフト大勝利へのシナリオ、流出した「Windows 8」社内機密資料の内容が非常に秀逸 - GIGAZINE

iPadが他社製タブレット端末を駆逐か、ネットブック市場をも取り込んで一人勝ちする可能性も - GIGAZINE

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log