最新OS「Windows 7」を超格安で購入できる先行予約キャンペーン、予約殺到でいきなり終了


先日GIGAZINEでマイクロソフトの最新OS「Windows 7」の参考価格が発表され、同時に格安でアップグレード版を購入できる「Windows ありがとう」キャンペーンが開始されたことをお伝えしましたが、予約が集中したため、予定されていた10日間の期間終了を待たずしてキャンペーンが終了してしまったことが明らかになりました。

どうやら非常に安価であったことが予想以上の反響を集めたようです。

詳細は以下から。
Microsoft Windows : Windows LIFE WITHOUT WALLS 壁のない世界へ - Windows 7 オンラインだけの先行予約


マイクロソフトの「Windows ありがとう」キャンペーン特設ページによると、予想を超える注文を受けて限定本数に到達したことから、当初予定されていた期間である10日間を待たずにキャンペーンを終了してしまったそうです。

なお、今回得られた要望を含めて1人でも多くのユーザーにさまざまなメリットを提供できるように、今後も引き続いてさまざまなプロモーションを提案する予定とのこと。

参考価格2万5800円のアップグレード版「Windows 7 Professional」が1万4777円、参考価格1万5800円のアップグレード版「Windows 7 Home Premium」が7777円で購入できるという非常にお得なキャンペーンでしたが、同様のキャンペーンが再度展開される可能性はあるのでしょうか。

・関連記事
マイクロソフト、無料の新型アンチウイルスソフト「Microsoft Security Essentials」のベータ版を公開へ - GIGAZINE

1986年、Windows1.0をスティーブ・バルマーはこうやって宣伝して売りまくった - GIGAZINE

ヤマダ電機が正規のWindows入り中古パソコンを従来よりも大幅に安価で販売へ - GIGAZINE

マイクロソフト、Xbox360の新型コントローラーと複数の新作ソフトを発表 - GIGAZINE

0

in ソフトウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log