2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性


NASAによると、今までもありうるのではないか?として危惧されていた大規模な「太陽嵐(ソーラーストーム)」が地表に到達する可能性について、2013年5月頃に発生するかもしれないとして、人類の文明が太陽嵐によって破壊されるのを防ぐため、ワシントンで6月8日から開かれるナショナルプレスクラブの「宇宙天候企業フォーラム(Space Weather Enterprise Forum)」にて会合を持つことになりました。この会合によって、社会の重要なインフラを保護するための方法が検討されることになります。

詳細は以下から。
The Newest Threat to All Human Life on Earth: Solar Storms

As the Sun Awakens, NASA Keeps a Wary Eye on Space Weather - NASA Science

前回大規模な太陽嵐が発生したのは1859年。この際には巨大な太陽フレアによって口火を切られた磁気嵐が地球に押し寄せ、電線がショートして家が火事になるなどの被害が発生、さらに赤や緑に光り輝くオーロラがハワイでも観測され、その光で新聞を読むことができたほどだったそうです。

以下の写真は2003年10月22日にウィスコンシン上に現われたもので、これと同じようなものがハワイで観測された、ということです。


この「太陽嵐」について研究し、「宇宙の天候」とも言うべきものをモニターして予測するという研究分野は比較的新しいもので、科学者たちは次の数年にわたって太陽風の著しい増加を予測しています。NASAの科学者であるリチャード・フィッシャー氏は「太陽は深い眠りから目覚め、次の数年ではるかに高いレベルの太陽活動に遭遇するでしょう」としています。

この太陽嵐は電子機器、例えば携帯電話やパソコン、ネットが好きな人にとってはまさに必殺の一撃となるもので、特に人工衛星に関するサービス、例えばGPS・携帯電話・クレジットカード決済(人工衛星を実は使っているらしい)などは荷電粒子の大きな波によって無効になる場合があるか破壊される場合があります。


NPRによって報告される最悪のシミュレーションによると、特に厳しい太陽風の場合、大多数の民間通信衛星を破壊し、変圧器の故障によって何百万もの人々が電力のない停電状態に置かれることになります。

NASA制作のこのムービーを見ると、大体どのようなことになるのかがわかります。(WMV形式、35.2MB)



2010年4月19日に観測された最も大規模な爆発のうちのひとつはこんな感じです。この規模でもまだ影響はありませんでした。(MOV形式、25.1MB)



ちなみにこの太陽嵐については2年前に米国科学アカデミーが「厳しい宇宙気象」というタイトルを付けた画期的な報告書の中でその社会的および経済的影響について述べており、スマートグリッド、GPSの操縦、飛行機旅行、金融サービスおよび緊急無線通信はすべて、極度の太陽活動によって影響を被るとされています。ハリケーン・カトリーナより経済的な損害は大きく、これらを防ぐためには、例えば人工衛星であれば「セーフ・モード」にして変圧器を分離することによって電気的な急上昇による破損から保護することができるそうです。

なお、この「宇宙天気予報」についてはまだはっきりとした予報技術が確立されていなかったのですが、日本の京都大学が宇宙天気予報の基礎となる太陽嵐の最新モデリングに成功しています。

宇宙天気予報の基礎となる太陽嵐の最新モデリングに成功 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100315_1.htm

・関連記事
宇宙から見たオーロラと地球など、宇宙飛行士が手持ちカメラで撮影した45万枚の写真いろいろ - GIGAZINE

宇宙天気予報 - GIGAZINE

宇宙から見たオーロラの写真 - GIGAZINE

中国の作ったデブリが宇宙ステーションと激突する軌道ムービー - GIGAZINE

日食時に地球がどのようになっているのか衛星から撮影された写真 - GIGAZINE

人類が「最も地球に似た惑星」へ行くには何年かかるのか? - GIGAZINE

リアルタイムに太陽の状態を知るフリーソフト「Solar Weather Browser」 - GIGAZINE

0

in サイエンス,  動画, Posted by darkhorse