Linux、Windows、Macの熱狂的な各ユーザーがお互いをどのように見ているのかを表した図


パソコン向けのオペレーティングシステム(OS)は主要なOSはLinux、Windows、Macの3つに分けることができると思いますが、それらのOSにとても傾倒しているユーザーが他のOSをどのように見ているのかを簡単に表現した図です。

お互いのユーザーがそれぞれのOSをどう見ているのかを、なんとなく理解できるようになっています。

詳細は以下から。
これがその図です。縦軸のユーザーから横軸のOSを見た場合、どういう風に見えるのかを表しています。
YRoqC.jpg (JPEG 画像, 588x430 px)


Macファンの視点。左からLinux、Windows、Macに対する印象となっています。どうやらMacが最も先進的で、Linuxは古臭く、Windowsは不安定に見える模様。


Windowsファンからの視点はこんな感じ。Linuxはなにやら難しい文字列が延々と画面に表示されているイメージで、Macはさしずめ子ども用といったところでしょうか。


Linuxファンの視点。どうやらLinuxは素晴らしい輝きを放つもので、Windowsを手がけるマイクロソフトは不快な存在、Appleは拝金主義に見えるということのようです。


実際に各ユーザーが各OSをこのように見ているのかどうかは不明ですが、なかなか興味深い内容ですね。

・関連記事
LinuxのプログラムをWindowsやMacOS X上で動かせる「Lina」 - GIGAZINE

WindowsをLinux上で動かす方法をムービーで解説 - GIGAZINE

Linuxのテキストエディタviとvimのグラフィカルなチートシート - GIGAZINE

Linuxのディレクトリ構造の一覧 - GIGAZINE

Linuxディストリビューションの系統図 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log