仮想CD/DVD/Blu-rayドライブを作成するフリーソフト「Phantom CD」


Windows XP/Vista/Server 2003の32ビット版で動作するフリーの仮想CD/DVD/Blu-rayドライブソフト、それが「Phantom CD」です。

一般的なISOイメージやBIN/CUEファイルをマウントすることが可能で、実際に使ってみたのですが動作も割と安定しています。

というわけで、ダウンロードとインストール、実際の使い方は以下から。
Virtual CD/DVD emulator - Phantom CD let you mount ISO as a virtual CD-ROM/DVD-ROM

ダウンロードは以下のページから。

Virtual CD/DVD/Blu-ray emulator, Phantom CD free download

クリックしてダウンロード


ダウンロードしたインストーラを実行


「Next」をクリック


チェックを入れて「Next」をクリック


「Next」をクリック


「Next」をクリック


「Install」をクリック


Vistaの場合、このようなウインドウが出るので下の方をクリック


「Finish」をクリックするとWindowsが再起動されます


再起動後、このようにして仮想CD/DVD/Blu-rayドライブが追加されます


仮想CDのイメージファイルを読み込ませるにはドライブの上で右クリックして「Mount」を選びます。外すには「Eject」を選べばOKで、前回マウントしたイメージをもう一度マウントするには「Mount Last Image」を選びます。


あとはここからマウントしたいファイルを選ぶだけ。


仮想ドライブのドライブレター(EドライブとかGドライブとかになっている場合の「E」とか「G」のこと)を変更するには、デスクトップにあるマイコンピュータ(Vistaの場合はコンピュータ)を右クリックし、「管理」をクリック


「記憶域」の中にある「ディスクの管理」を選び、変更したい仮想ドライブをクリックして選択。右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。


「変更」をクリック


あとはここから好きな文字を選んでWindowsを再起動するだけです。

・関連記事
仮想CD・DVDドライブ作成ソフト「Alcohol 52%」が無料化 - GIGAZINE

印刷結果を画像ファイル化する仮想プリンタ「Virtual Image Printer driver」 - GIGAZINE

PDFファイルを作成可能なフリーソフト「BullZip PDF Printer」 - GIGAZINE

実際にアマゾンが使っているのと同じ仮想サーバを無料で試せる「Right Scale」を使ってみた - GIGAZINE

フロントガラスに表示される仮想ケーブルで目的地まで誘導するカーナビ - GIGAZINE

マイクロソフト、「Virtual PC 2007」正式日本語版を無料提供開始 - GIGAZINE

0

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by darkhorse