×
レビュー

仮想CD・DVDドライブ作成ソフト「Alcohol 52%」が無料化


CDやDVDから仮想イメージ(独自形式かCCD形式)を作成して、いろいろエミュレートしながらマウントすることができる「Alcohol 52%」の無料版がダウンロード可能になりました。同種のDaemon Toolsより高機能で、ちゃんと最初から日本語化されてます。仮想ドライブとイメージ作成がこのソフト1つで済むのでラクチンです。7.44ユーロ、1111円ぐらいだったものが無料。

マウントできる形式はmds、ccd、cue、iso、bwt、cdi、nrg、pdiの各イメージ形式。ほとんど全部です。ダウンロードは以下のサイトから可能です。

というわけで、実際にインストールして使ってみました。
Alcohol 52% Free Edition

今までは30日間体験版しかなかったのに、ちゃんと一番下に無料版へのリンクが確かにできてますね。

Alcohol Soft trial version download

ダウンロードして起動したら「Next」をクリック


「OK」をクリック


再起動するのでもう一度「OK」をクリック


再起動後、自動的にこのウインドウが出るので「Next」をクリック


無料なのと引き替えにツールバーが入るので「I Agree」をクリック。ただしこれはあとでちゃんとアンインストールできます。アンインストールしても問題なくAlchol52%は使えます。


「Next」をクリック


「Install」をクリック


インストール中……


「Finish」をクリック


起動しました。こんな感じ。


イメージ作成の前に、速攻でスタートメニューから妙なツールバーをアンインストールしておきます


次、CDやDVDから仮想イメージを作成するには「ファイル」→「イメージ作成ウィザード」をクリック


実際にCDかDVDが入っているドライブを選んで「進む」をクリック


Alchol52%専用のmds形式か、CloneCD形式を選んで「開始」をクリック


作成中…


できあがり


マウントするには、仮想ドライブがエクスプローラから見ると自動的に1つできているので、右クリックして「イメージをマウント」→「イメージの追加」を選択


先ほど作成したイメージを選んで「開く」をクリック


これだけで利用可能になります。なお、マウントを解除するには「イメージをアンマウント」を選べばOK。


なお、オプションでいろいろカスタマイズが可能です


アイコンや表示位置も選べます


イメージができあがった際に鳴らす音も指定可能


ログも記録できます


読み込みの設定


ディスクの種類の設定


いろいろエミュレートできるようです


仮想ドライブの数も変更できます


こんな感じ


ドライブパラメータの変更


ドライブレターの変更


拡張子ごとの関連付けも可能


エミュレーション機能も豊富


いろいろできます、本当にいろいろ


で、注意事項

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log