アニメ

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」放送前の第3話がネット上に流出


MBS・TBS系列で日曜17時から放送されている「コードギアス 反逆のルルーシュR2」ですが、4月20日(日)17時から放送されるはずの第3話「囚われ の 学園」が4月15日夜ごろから動画共有サイトにアップされるという不可解な現象が発生しました。そもそもアニメのアップロード自体あってはならない行為ですが、今回はまだ放送もされていないエピソードがアップロードされるというとんでもない状態でした。

詳細は以下の通り。
「コードギアス 反逆のルルーシュR2」はMBS・TBS系列で4月6日から放送が始まったアニメで、放送は毎週日曜日の17時から。4月13日に第2話「日本 独立 計画」の放送があり、次の放送は4月20日 第3話「囚われ の 学園」の予定でした。

ところが4月15日の夕方、YouTubeに「コードギアスR2 第3話 4/4 スクイーズ」というタイトルでムービーがアップロードされました。これはすぐに削除されましたが、誰かが保存したものを中国の動画共有サイト「Youku」にアップロード、こちらが削除されないままとなっているためにその他の動画共有サイトにも広がっているという状態です。

当初、なぜこのムービーが流出したのかが全く分からず、「スタッフの誰かが勝手にアップロードした」「PRとしてわざと流した」といったものから作品に登場するジャーナリストがやったんだというものまで様々な憶測が流れましたが、コードギアス製作委員会によるとYouTubeでの不正投稿を防止する作業の過程で作業ミスがあったとのこと。

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話の映像の誤操作による漏出について

今回の本編一部が流出したのはYouTubeが最初と見られており、公式サイトの説明にある「不正投稿を防止する作業の過程でシステムの操作を誤り」とあるのはYouTubeが実装している動画 ID ツール

どういうものかというと、勝手にアップロードされては困るムービーをYouTubeに先にアップロードして登録することによって、同じような場面を含むムービーがあとからアップロードされた場合、自動的に権利者にわかるというもの。ほかには以下のようなツールもあります。

YouTubeへ大量の削除依頼を行う「コンテンツ検証プログラム」の使い方 - GIGAZINE

推測ですが、どうやらバンダイチャンネルの担当者がYouTubeにコードギアスのムービーを4分割してアップロードして登録しようとした際、最後の4つめのムービーだけ操作ミスでそのまま本当にアップロードしてしまったと思われます。だから、最後の5分と少しだけが公開されてしまった……というわけ。

YouTubeにアップロードされたものはサンライズから申し立てが行われてすぐに削除されたようですが、現在も一部の動画共有サイトにはファイルが残り続けています。4月20日の放送分は予定通り行われるということなので視聴者としては一安心といったところでしょうか。

なお、「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」は「最近、インターネット上でのテレビ番組の不正利用が多発しています。番組を権利者の許可なくインターネットなどを通じて配信したりすることは法律で禁じられておりますのでご注意ください」というテロップが毎回、放送開始時に画面上部に挿入されています。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト
http://www.geass.jp/

・22:30追記
コードギアス製作委員会の発表で流出元とされたバンダイチャンネルからも発表が行われました。こちらの発表によると、不正投稿検証作業を委託していたソリッド・エクスチェンジにて誤操作が行われたとのこと。

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話の映像の誤操作による漏出について

・関連記事
角川の動画共有サイト活用戦略についてインタビュー「全部を認めたわけではなくて、認めるべき部分を認めただけ」 - GIGAZINE

2008年春期開始の新作アニメ番組一覧 - GIGAZINE

GONZO、YouTubeなどで新作アニメ2作品を4月からの国内放送と同日にネット配信 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」には妄想炸裂の表1話とリアルを突きつけられる裏1話がある - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」を地上波・ネット配信で同日同時刻に最速放送 - GIGAZINE

ピザハットで「コードギアス 反逆のルルーシュ」ピザボックスを頼んでみた - GIGAZINE

深夜アニメが無くなってしまうかもしれません - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt