ついにBS/CS対応モデルの「フリーオ(ブラック)」が本日より発売開始


コピーフリーの地デジチューナーとして発売され、再販されるごとに壮絶な争奪戦が繰り広げられた台湾製デジタルハイビジョンテレビアダプター「Friio(フリーオ)」ですが、ついにBSデジタル放送と110度デジタルCS放送に対応したモデルが発売されることになりました。

本体カラーは黒で本日より販売が行われ、購入できるチャンスは3度に分けられるとのこと。

詳細は以下から。
Friio - デジタルハイビジョンテレビアダプター 「フリーオ」

このページによると、デジタルハイビジョンアダプター「フリーオ」のBS/CS対応モデルが本日13時、20時、明日の21時に販売されるそうです。ちなみに地上デジタル放送には非対応となっており、USBケーブルが付属。利用にはB-CASカードが必要。

購入にはPayPalのクレジットカード決済が必要で、詳細は注文ページなどを参照のこと。代金は3万2800円。

サーバーの強化が行われ、購入するチャンスが3度に分けられることで、少しはスムーズに入手できるようになるのでしょうか。

・関連記事
話題のコピーフリー地デジチューナー「フリーオ」を徹底フォトレビュー - GIGAZINE

総務省、デジタル放送を録画して無制限にコピーできる機器を規制へ - GIGAZINE

「Winny」で新作アニメを放流していた会社員ら二人が逮捕・起訴され追送検 - GIGAZINE

角川グループがYouTubeと提携、ユーザーの作ったムービーを認める方向へ - GIGAZINE

ファイル共有ユーザーはインターネットから強制的に切断されます - GIGAZINE

ついに民放連が動画共有サイトでの映像無断使用に対策へ - GIGAZINE

再圧縮やデジタル・アナログ変換でも消えない動画の電子透かし技術登場 - GIGAZINE

動画共有サービス利用者の約4割がダウンロードしてパソコンへ保存 - GIGAZINE

アニメ制作者がネットラジオでニ○○○動画を痛烈に批判 - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log