ハードウェア

Microsoftが手で直感的に操作できる「Microsoft Surface」を発表


マウスやキーボードなどを介さずに手でデジタルコンテンツを取り扱うことのできるインターフェースを搭載した製品をMicrosoftが発表しました。今回発表されたものは昔のゲームテーブルのような外見をしていますが、30インチディスプレイを持っていて複数人での使用も想定しているそうです。

詳細は以下から。
Microsoft Surface

現在ニンテンドーDSやPDAで使用されているタッチスクリーンとは違って、複数の接触を感知することができ、上に置いた物によって対応する情報を表示する機能もあり、デジカメを置くとメモリー内の写真を表示して「Microsoft Surface」上でそのデータを別の端末に移すといったことも考えられています。

本体はこんな感じ。


Harrah's EntertainmentやStarwood Hotels & Resorts Worldwide・T-Mobile USAなどは既に「Microsoft Surface」を導入することが決まっていて、チケットの予約や店頭の商品と連携させて情報を提供することなどに利用されるそうです。

チケット予約と地図情報の画面。


料理のメニュー表示にも利用されます。


携帯電話を置くと詳細な情報が。


TouchTableやJeff Hanがプレゼンテーションを行ったマルチタッチインタフェースにそっくりですが、何か関係はあるのでしょうか。

・関連記事
机の上っぽい3次元デスクトップ「BumpTop Prototype」 - GIGAZINE

iTunesとFirefoxを搭載したゲームテーブル - GIGAZINE

ブラウジングの新しいスタイル「液体流動インターフェース」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log